QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌観光 珍道中。

夏旅3日目。
あいにくの雨。

でもこの日は行くところが決まっていたので大丈夫。
白い恋人パーク」です。

15年ぐらい前でしょうか?
姉と札幌旅行に訪れた思い出の場所。

最近、姉も子どもたちを連れて行ったとか。

白い恋人の工場見学や、お菓子作り体験、ショップにカフェ、とても楽しみにしていました。

きっと子ども達も喜ぶはず!

パークに近づくにつれて、お城のような外観や遊園地のような鉄道も見えてきて、テンションも上がります。
思っていた以上に広く、外でも遊べそう!

DSC02889.jpg 

しかしまずはともあれ、工場見学・・・。

IMG_0889.jpg 

実際の工場にたどり着くまで、チョコレートに関する美術品や歴史に関するものが展示されています。
お城のような建物に、夢のようなチョコレートの歴史。

我が家の女子二人はテンションマックス!

その頃、男子二人は・・・・・。

なんだか飽きている様子。

すると・・・・。勃発です。

我が家の名物「けんか」です。

男二人が分かれ道で、「こっちだろ。」「こっちでしょ。」「いやこっちに決まってる。」「こっちだってば。」「なんで俺の言うこと聞かないんだ。」「どうして僕の言うこと信じてくれないの。」

オレオレ詐欺ならぬ、オレオレ主義!!

なんですか~!!!!この喧嘩。

ちょっと覗いてみたところ道の先は、どうやら同じ場所につながっているよう。

「夢のチョコレート工場で何やってんじゃ!コラ!!!」と言いたいところをグッと我慢し、仲裁に入ろうとしましたが、私も悲しい思いと怒りに震え、何も言えず・・・。

すると息子が逃亡

娘は泣き出し・・・・。

パパに折れてもらうわけにはいかないので、私が息子に電話し戻ってくるように説得。

しかし、怒りが頂点に達しているようで、戻ってくる気配なし。

私も怒りマックス。「私の夢のチョコレート工場で何やってくれてんのよ!」と持っていた携帯電話を素敵な出窓の棚に「バンッ!!」とやってしまったんです・・・・・。

画面真っ黒。電源入らず・・・・・。

慌ててももう遅い。携帯のことなんてどうでもいい、早くこの状態を何とかして~。
息子よ札幌の地でいずこへ~!!

その時、娘が、「お兄ちゃんは家族の一員だよ。おいていかないで~。」と。

パパもハッと我に返ったんでしょう。
しかし自分から折れるわけにもいかず・・・・。

娘に電話させます。
娘は泣きながら優しい言葉で語りかけます。素直な本当の気持ちを。飾らない言葉で。
「お兄ちゃん、戻ってきて。一緒に行こう。家族の一員なんだから。」

素直な気持ちが息子の胸に直球。

しばらくして、戻ってきた息子。

誰の気持ちも晴れぬまま、チョコレート工場のメインコーナー、白い恋人の製造ラインへ突入

ほとんど見てません
覚えてません
何でこんなことになるんだ、楽しい旅行で、どうして・・・・。
携帯電話が真っ黒・・・・・。どうしよう・・・・・。
また怒られる・・・・・。

そして出口の素敵なカフェに到着。
娘には悪かったな~と思ったので好きなケーキを食べさせ、気持ちを落ち着けます。

IMG_0898.jpg 

皆が落ち着いたところで、「携帯が真っ黒で電源が入らないんだけど・・・。」

またまた険悪。

あきれながらも心配したパパは自分の携帯で何やら検索。
私の携帯を取り上げ、「行ってくる・・・・」。
今度はパパが逃亡・・・・・。
いやいや、偶然にも白い恋人パークから歩いて10分ほどの場所にソフトバンクショップがあることが判明。
私の携帯を直しにショップへダッシュ。

しばらくして、戻ってくると。
「リセットボタン、知ってるだろ。」と一言。

そうです、iPhoneの「リセット」。スリープボタンとホームボタンの同時長押し。
これで解決です。

やった事あります。っていうか、つい最近友達も画面が黒くなって故障と思ったら「リセット」で直ったという事件を聞いたばかり。

画面が黒くなったら「リセット」。
なんで思いつかなかったんだろう・・・・。
一時的な衝撃で動かなくなったんだとか。

そんなこんなで私が原因でパパをソフトバンクショップまで走らせてしまったのです。

あー。夢のチョコレート工場で何をやっているのか!!
情けない気持ちと、怒り、半分笑い、諦め、開き直り・・・・・、いろんな気持ちを封じ込め、とりあえず一件落着!

気を取り直してその先のおもちゃミュージアム、お土産ショップへレッツゴー!

IMG_0902.jpg 
IMG_0907.jpg 

お土産を買い終えて、帰るころには、何もなかったかのような我が家族。

「さーラーメン行こう!!」

IMG_0917.jpg 

「すみれ」札幌本店で味噌ラーメン。

IMG_0922.jpg 

スープを全部飲みほして、ラーメンのおいしさと共に、いろんな事が起こるわが家族にも感謝の気持ちを持って札幌の旅を締めました。

家族ってこんなものなんでしょうかね。怒って泣いて笑って・・・・。

そしてこんなどうしようもないお土産話を持って、実家の函館へ。

3日間、旭川・札幌と楽しい旅でした。

夏旅、終わり。
スポンサーサイト

旭山動物園。

順番が前後しましたが、夏旅1日目。

旭山動物園に行きました

娘は動物園が大好きで、今まで各地で動物園巡りをしてきました。

一番小さいところでは「函館公園」の動物たち。
定番の「千葉市動物公園」に「ズーラシア」に「富士サファリパーク」、南紀白浜の「アドベンチャーワールド」、一番遠いところでは「シンガポール動物園」などなど。

それぞれに良さがあり、それぞれの楽しみ方で動物たちを楽しんできました。

今回は、あの有名な「旭山動物園。」

これだけ注目されている動物園。
期待しすぎてがっかりするパターンは嫌だったので、あまり先入観を持たず、事前情報を入れずに、訪れました。

まず駐車場。
旭川市内から動物園に入る道は一本道。
その両脇に、猿の手招きかと思うほどの民間駐車場の呼び込みの人、人、人。

そこは笑って通り過ぎ、入口目の前の無料駐車場へ。

平日だったこともあり、すんなり入れました。

お天気も良く、テンションマックスで入園です。

まず、一番気に入ったのは、看板達。
植物から動物から、何から何まで手作りで温かみのある、振り仮名付きの看板があるのです。
まるで、その植物や動物たちの本を読みながら実物を見ているような・・・。

知りたい、面白い!と思う内容が盛りだくさん。

これは今までどこにもなかった!
 
振り仮名とかわいいイラストがあることで、字が読めるようになったばかりの子どもでも、読めるんです。夏休みの自由研究なのか、ノートをもとってメモを取る子ども達をたくさん見かけました。

無題1 

DSC02686.jpg 

あとこれはなんて言うのかな?看板標識?
こちらも全部手作り。木だったり発泡スチロールだったり。
キュートで私のツボに入りました。

2012-08-31 08.29.03 

そして、肝心要の動物達。
みんな生き生きしていて、表情豊かで、素晴らしいですね。

ホッキョクグマ。
元気にかっこいい姿を見せてくれました。

DSC02719.jpg 

近くまで来て、勇ましい遠吠えを聞かせてくれました。
オオカミの森の、オオカミ!
DSC02747.jpg 

閉園時間までたっぷりと遊びました。

そして、たくさん遊んだ夜は・・・・。
もちろん旭川の居酒屋へ。

IMG_0806.jpg
混んでましたね~。とにかく激混み。
2階の座敷は家族連れから観光客、仕事帰りのサラリーマンでいっぱい。
料理も時間がかかっている様子・・・。

隣席のサラリーマン3名、なんだかちらちら目が合いますよ・・・。
料理がなかなか来ずに、手持無沙汰なんでしょう。
ほろ酔い気分でなんだか、意気投合。
「さっき、お土産はマルセイバターサンドって言ってたけど、違うな~笑」と観光談義が始まりました。
おすすめのラーメン屋から観光スポットなど、とても盛り上がり楽しい時間を過ごしました。

IMG_0798.jpg 

初、旭川。
大変、満喫いたしました。

1日目おわり。

美瑛町 青い池。

  
前回の写真の答えは・・・・。

美瑛町の「青い池」です。


DSC02796.jpg 

毎年、実家の函館に帰省するだけの「夏旅」。
それはそれで、楽しいのですが今年はパパの提案で「旭川・札幌ツアー」をしました。

2日目に行った美瑛町の「青い池」。

我が家の旅行と言えば、フリー!が定番。
航空券、宿、観光スポット、全部ネットとガイドブックを駆使して、作り上げます。

なので、旅行会社のツアーと違って、毎回オリジナルなんです!

私きっと、旅行会社に就職できるかも・・・・

この「青い池」、たまたま美瑛町を調べていてネットに出てきました。

行く前に見た内容は「アップル社の壁紙に採用」という記事。

その時は「へ~!」とぐらいにしか思っていませんでした。

ちょっと遠いし、子ども達が池を見てもすぐに飽きて帰ろう!とか言い出すに違いない・・・。

でもパパはこういうところが大好き!よし、パパには内緒にしておこう・・・。

なんと意地悪な妻でしょう

プランを立てているのは「わ・た・し・・・」。勝手にここは行かないことにしちゃいました。

しかし、やはりそこは「世界のもっとも美しい村連合」を代表する美瑛町。

町に行けば宣伝しているのは当たりまえ。すぐにパパに「青い池」の存在がばれてしまい、早速行くことに。

正直あまり期待していませんでした。

が、行ってみてびっくり。

道路からすぐの駐車場。

きれいに整備された遊歩道。

青い池3 

白樺の木と自然の生き物たち。
青い池1 

遊歩道の先にだんだんと広く、開けてくる青い池。
青い池5 

車に忘れてしまったカメラを慌てて取りに走ります。 

「青い池」に一人興奮状態。
言葉にならない美しさ。
青い池7


しばらく歩いて行くと、ダムのようになっているところがあり下に降りて足をつけることができます。
子ども達も大喜び。

青い池4 

青い池6 

帰り道、観光客の声に耳をすませていると、去年は遊歩道も駐車場もなかったとのこと。

写真の力、ネットの力ってすごいですね。この池が世界デビューしちゃうんですから・・・。

でも、やっぱり素直に「行こう!行ってみよう!」と思う心が大事なのかも。

連れて行ってくれたパパに感謝です

今度は雪の時期にも行ってみたいものです

鬼太郎ロード。

毎年、千葉県民の日6月15日は小学校がお休みです

その前日が授業参観の振り替え休日だったので思い立って鳥取の「
鬼太郎ロード」に行ってきました。

宿泊は「
玉造温泉」。レトロな雰囲気で夜の川べりの足湯、山奥の蛍鑑賞会、満喫しました。
ゲゲゲ1 

ゲゲゲ2 

鬼太郎満載の鬼太郎ロード。こなきじじいの赤ちゃんはちょっと怖い
でも目玉のおやじの車いす、すごくかわいい

ゲゲゲ3 

娘が
水木しげる記念館のノートに残した「ぬりかべ」
ゲゲゲ4 
なんと鬼太郎にはイケてる妻メリーとあまりイケてない妹がいることを発見。
鬼太郎のことがよくわかる記念館でした。

ゲゲゲ5 
超高級和菓子、目玉まんじゅう。本格和菓子でおいしかったです。
息子は鬼太郎とほぼ身長が同じ。ぴったり鬼太郎の身長と同じ130cmだと認定証をもらえるとかで張り切って身長計へ。
なんと2mm足りなかったため、認定証もらえず・・・・。
というか小学校5年生で130cmなかったのね…。とほほ・・・・。

あっという間の1泊2日。
2日目は雨が降ったものの、勾玉づくり、出雲大社など満喫できました。

忙しい日々のなかでの小旅行。たまにはこんな旅もいいですね。


仲洞爺キャンプ場。

8月6日、泊まるキャンプ場は今年サミットが行われた洞爺湖236

仲洞爺キャンプ場」です。

ここは、前の日に行った八雲のキャンプ場とは違い、受付はあるもののとても自然でワイルドでした。

八雲から車で1時間半ぐらい、娘は疲れて寝ていました。

その間、前日のキャンプで夜がとても寒かったので途中で寝袋を買い足しました229昼間は暑くても、夜はあなどれないですね。さすが北海道。

昼食は長万部の有名な「かにめし弁当」。小さい頃はよく食べましたね。とても懐かしかったです。

洞爺湖1 

キャンプ場に着くなり、子供たちは湖へGO!

湖に面している本当に自然のキャンプ場なので、この写真のすぐ後ろにテントを張っています。子供はやはり水があるところは好きですね。いつまでも遊んでいました237

洞爺湖2 

すぐ向かいには「来夢人(きむんど)の家」という温泉があります。

キャンプのイメージはお風呂に入れない!なんて思っていたのですが、だいたいキャンプ場のそばには温泉があるのですね236子供達も大喜びです。

夜ごはんはもちろんBBQ。火起こしも慣れてきて手早く準備。

ただあまり、メニューのバリエーションを考えてはいなかった事を反省229前日とほぼ同じメニューです。アウトドア料理研究の必要ありですね。

夕焼けの写真に写っている湖の中央にあるのが中島。このキャンプ場から中島の向こうの湖畔は北海道の中でも有名な温泉街。観光ホテルが立ち並んでいる観光地です。ロングラン花火が有名。春から秋まで約半年近くものあいだ、毎日20分の間、花火が上がります。

私が子供のころから変わらないこの花火!温泉街のホテルに泊まると、部屋からのんびり眺められるんですよね。

その花火を今度は対岸からキャンプ場で見ることに・・・。楽しみに、楽しみに待って見た花火・・・。

さすがに小さかったです・・・。でも満天の星空と小さく見える中島の横の花火。小さく遅れて聞こえてくる音。普段では味わえない静かな花火大会でした。

そしてまた、終わってすぐに横にあるテントで寝る幸せ。丸2日、ここまで屋外で過ごすと、なんだか普通の生活を忘れますね。テントを張って、遊んで、晩ご飯も一から作って、で片づけてって疲れるわりにはイベントだから楽しい237

テレビもなく、パソコンもなく、新聞読むこともなく、宿題やりなさいっていうこともなく、お風呂掃除することもなく、知り合いにばったり会うこともなく、たまーに隣のテントに子供がいると子供同士はなしたりするくらい・・・・。気になることは何もなし。

そして自然がたくさん。これぞ夏休みですね。

いろいろ家族の中で、親が子供を怒ったり、パパがママを怒ったり、娘が息子に怒られたりといろいろありましたが、家族にとってはいい経験かなーと思います。あーもーやだ!と思っても、夕陽を見て反省したり・・・・。とにかく家族が一つにならなければ、何もできないのですから。

こうやって自分も家族も成長していくのかなーと思ったり・・・・。

今年のキャンプ計画、2泊3日にするかそれとも3泊4日にするか、決めておらず3日目の朝に決める予定にしていました。さー、私たちは3泊目をすることになるのでしょうか?

次もお楽しみに236

プロフィール

nori

Author:nori
B型。1976年生まれ。
日常をぼちぼち綴っていましたが
最近は支援学級に通う娘の記録。
時々、高専に通う息子のおもしろネタ。

インテリア、ハンドメイドな日常は
ブログ「105号の部屋」へどうぞ!

Family
 きまぐれな航空エンジニアのパパ
 高専男子、青春真っ只中の息子。
 知的発達の遅れのある中学1年の娘。
 ちなみに全員B型…。
 

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
シンプルアーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。