QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子の反抗。

昨日は日曜日。

パパは朝からマンションの総会に出席。

今期は理事をやるとかで張り切っている様子。午前も午後も、そして夜の親睦会もとほとんど家にいません。

そんななか昼ごはんは家族とと戻ってきました。

「何を食べる家族会議」はいつももめます。子供たちに聞かずに勝手に親が決めて出かける方法もあるのですがいつもうまくいかず、娘はラーメンを食べたいといいだしました。

息子はまだ外遊びから帰ってこなかったのでパパ、私、娘のなかでは「リンガーハット」に決まりつつありました。ネットでクーポンを出すパパ。出発準備OK。

そんな中、息子が帰ってきました。

息子:「リンガーハットやだー。ハンバーグが食べたい!」

私としては、12時過ぎまで外で遊びにいってきて自由に遊んでいて、しかも外に食べに連れて行ってあげるって言ってるのに、なにわがままいっちゃってるんですか!!!!!203

最近、やさしいパパは「チャーハンもあるよ」とか「つけめんもあるよ」などなど息子の機嫌をとりつつ出発。

近いので雨だったのですが歩いて行きました。

息子:「これ持っていく!」(手にはお祭りなどにある水の入ったヨーヨー)

私:「そんなの持っていっちゃダメ。」(なんでそんなの持っていくのよ。)

息子:「えーやだ====。」(口癖。なんでも否定されると言うことば)

パパ:「そんなに言うなら好きにしなさい!」

そして息子は雨の中、右手は傘を持って、左手にはヨーヨーを持って出発したのです。

案の定、ヨーヨーを持ってバチバチ。バーゲンシーズンで混んでいるこの辺の道。人に当たりやしないかとひやひや282

私:「振り回さないで、持ってるだけにしなさい!!!!!」

息子:「わかってるよ!!」

と言いながらも、私の言うことなんて聞くこともなく(だってヨーヨーを持ってきたのですからそれで遊ぶためですよね・・・)私から数メートル離れた後ろを歩き、バチバチやってるのです。私が振り返ると「まずい!」という顔をしてやめる。その繰り返しです・・・・・。

そしてパパと娘はどんどん歩いて行き、息子は遊びながらなのでどんどん離されて、その間を私が歩く・・・とそんな感じになりました。

すると信号のところで、私と息子が渡る前に赤になってしまったのです。

パパと娘は信号のすぐ先のリンガーハットの前まで行っているのです。

息子:「置いていかないで=、ずるいーパパ―パパ―。」(大声で叫ぶ、半分泣きそう)

まわりの人たちはみんな振り返るし、恥ずかしいったらありゃしない。

しかもあんたのわがままで何言ってるんでしょう!

私:「何言ってるの!ヨーヨーなんかで遊びながらとぼとぼ遅く歩くからでしょ!パパはあんたのことおいていったんじゃないでしょ。そんなわがままいう子は帰りなさい!」

すると息子はくるっと向きをかえ私に背中を向けて歩くのです。

どうせまたすねてるんだろう。しばらくしたらついてくるわ。と思いそのまま行きました。

息子も食べる場所はわかってるんだし、信号が2回変わるくらいすねてからくるだろうと思っていました。

しかし、来ないのです。いくら待っても来ないのです230

私たちは、すぐ息子が来ると思って注文して待ってたのですが来ないのです230

パパがそのあたりを見に行ったのですが、それでもいないのです230

注文してしまっているので帰るわけにもいかないし、とりあえず急いで食べてパパが先に帰宅。

私も娘に食べさせながら自分も食べましたが、もう味なんてわかりません・・・。

もしかして、すごい怒って遠くに行っちゃってたらどうしよう。踏切もすぐ近くにあるし・・・。誘拐されたらどうしよう。全然落ち着きません。

しばらくして、パパに連絡をとると、なんと家まで帰って、家の前で待っていたのです。

帰ってから事情を聞いてみると、「帰りなさい。」と言った私の言葉に頭に来たそう。

私もそういう性格ですが、ちょっとびっくり!

カエルの子はカエル・・・・・。

かなりショックでした・・・。息子には、ヨーヨーのこと、交差点で大声出したこと、いろいろ話しました。お母さんの言ってる注意を聞かないこと。怒らずに丁寧に話しました。

学校の先生が言ってました。

小学校3年生はギャングエイジ。

4年になるとだいぶ落ち着くらしいのですが、何も考えないできゃっきゃしてる子どもと、少し周りのことを考え出す思春期というか、そういう時期のちょうど中間でフラフラと安定しない時期。

あーこれからこの時期をどう乗り切るのか・・・。

とりあえず夏休み、キャンプや旅行、いろんなことを盛りだくさんで入れてあげたのでしっかり人生の勉強をして欲しいです。

いまから、面倒くさいことはしたくない、大人になったら男は働かないといけなくて、子供を産み終わった女の人は家で楽に暮らしてるって・・・・。オイオイ、誰がそんなこと教えたんだい!!!

息子の夢は「背中に羽が生えて飛べますように!!」もう3年くらいこの夢を追い続けているのです。

なんとも現実逃避的なこの夢・・・・。

お父様!どうかどうかつまらなそうに会社に行くのはやめてください!!!息子のために辛くても辛くても世の中には楽しいことがあって希望があるってことを見せてくださいな。

愚痴を言って発散するのもいいけれど「面倒くさい、どうせできない!」が口癖になるのはやめてくださいな。

子供たちにも、そして私のためにも・・・・。

スポンサーサイト

IKEAファブリックバック完成。

昨日、IKEAファブリックバック完成しました236

IKEA 1ショルダー

午前中、バザーの準備のため、息子の学校へ。

帰りはららぽーとの「かつ藤」でランチ。いまキャンペーンでなんとジャンボかつランチ半額なんですよ。

その後、満腹で帰宅。

選択肢は4つです。

①昼寝

②バックづくり

③晩御飯づくり

④冬用の羽根布団を圧縮袋に入れてしまう

で、②番を選択。ハンドメイド仲間の友人は毎週素敵な作品を作ってオークションに出品しているし、まわりではバイトを始めて頑張っている人が増えたし、ましてや旦那さまはお昼ごはんを食べても昼寝はできませんよね228

ずっと暖めていたバックの生地&デザインだったので完成して満足189

娘が帰ってきてバレエに行っている間に、晩御飯やその他のことをすればいいやーなんて思っていました。

そして娘が幼稚園から帰ってきてバレエに送って行きました。また迎えに行くまで、正味30分。

はい!時間との闘いです。スーパーで買い物すませて、急いで戻ります。頭の中では段取りシュミレーション。

「お風呂の水を抜く」⇒「お鍋を火にかける」⇒「掃除機を圧縮袋をだして」・・・・・・・と。頭の中はグルグルグルグル。

そんな中、玄関前までくると中庭で遊んでいる息子の泣き声が・・・229

私の計画はバラバラと崩れます・・・・。

とりあえず、家に息子を入れ事情を聞くとどうやら「からかわれ、バカにされた」様子。

3年生ともなればからかわれることもありますよね。でも息子はそれに対応できないのです・・・229

正直者でまっすくでまじめなものですから・・・(生活面ではなく性格面)もちろん人をからかうこともできません。

しかもかなり頭にきているらしく「あいつは一生、許さね=。」なんて握り拳をつくって号泣しながら叫んでいるのです。新聞やテレビでよく報道されている「キレる子供」・・・・。そんな言葉が頭をよぎります。

あまりの泣きの状態に不安に思いながらも、私も感情移入してしまって、くやしくなるし、しかし落ち着いて状況判断して対応しなければとも思うし、でもでもかわいそうだとも思うし、情けないなーとも思うし、いろんな思いが募るばかりです。

こんな母親どうでしょうか???

とりあえずなんとか解決させたものの、この方法でよかったのか?疑問。しかもやっぱり自分の子がかわいいんでしょうね。くやしくて、なんでうちの子をからかうんだろうって気持ちでいっぱい。

そんな気持ちのまま、娘のバレエのお迎えへGO!

帰ってからは慌ただしくいろんなことをすませ、やっと晩御飯へ辿り着きました。

息子には、相手にからかわれても、取り合わないということ、悔しい気持ちはそこで泣かずに、家に持って帰ってくること、もう少し気持に余裕をもって、いろんな人がいるのだからなんでも信用して真剣にぶつかっていくことはないということ。時には鼻で「フン!」と笑うことも必要だということ、いろいろ話しました。

大人でも難しいですよね。いろんな人がいますから・・・。

私の最近の口癖は結局話の最後に「いろんな人がいるよね=」です。

その人の特性を認めながらも自分と違うところに自分なりに折り合いをつけていく。そしてその中でも自分の位置とプライドをたもちつつ・・・・。

息子にもいつか分かってもらいたいです。

あまり何事にも真剣勝負じゃなく、もう少し「ユーモア」を持ってと。

パパが帰ってきてからも、このことを話しましたが、なんともすっきりせず、モヤモヤ。子供に対する期待と不安・・・。

あーこれからも続くんでしょうね。友達関係の悩み。

今日も学校でがんばっているのでしょうかね=。サー私も一日がんばります!

 

 

 

 

次のIKEAファブリックバック。

バザーの準備の合間にオークション出品バック作っています228

次回のバックは大人気のIKEAファブリックばっくです189

IKEA.jpg

とりあえず裁断終了。

今日は学校なので夜に作業ができれば・・・・。

っていってもいつも早く寝ちゃうんですけど。来週出品できるといいです236

準備が進んでいます。

思いがけず、今年息子の学校の役員をすることになりました228

「学校のバザーが大変なのよね。」なんて聞いてはいましたが、なんと息子の学年は私の得意分野「ハンドメイド品」なのです189

みんなが浮かない顔をしている中、お母さん友達の、手芸大好きな人と一緒に毎日おしゃべりをしながら新しい案をたくさん出し作業を進めてきました。うちでは週に1回、今はやりの「手芸カフェ」237

楽しくおしゃべりをしながら、チクチク作成し合間にお茶とお菓子176

楽しい時間を過ごしております・・・。そのバザーもあと1週間とちょっとで本番です。

なにやら私は自分のお店でも持つようにわくわくどきどき233

私が担当したのは「お花のヘアゴム」。

ヘアゴム

できました。完成です。

このアイディアを持ち込んだのは私。簡単にできて見栄えがして、実際に使えるもの。

予算をもらって作成し、ほんとに楽しかったです。

「予算がいくらでー、全部売れたらいくらでー。」「宣伝用のポスターはー。」などなど、息子の学校のバザーなのに私がおおはしゃぎです。

このほかにも、手芸上手のお友達が考えてくれた、ビーズやサマーヤーンで編んだお花など数種類のヘアゴム完成。

当日が楽しみです236


昨日の夜。

昨日の夜のこと・・・・。

息子が持ってきた漢字のテスト。

全部あっているのに、字が汚くて形が曲がっているなどの理由で10問中3問×240

このテスト、全問正解するまで何度でも繰り返されるそう。

しかも、100点だった人はどんどん次のテストに進んでいく・・・。

前回のテスト、息子は再々テストまでやったそう・・・。

私はやっぱり100点とって欲しい、他の子に差をつけれるのはやっぱりショック!

そんな親の勝手な気持ちにより、ぐちぐち、ねちねち怒ってしまいました238

「もっと漢字の練習しなさい!」から始まり「宿題やるのが遅い!」「早くしなさい!」「なんでそんなに口答えするの!」次から次へと文句の嵐282

晩ごはんの準備をしながら、ずっと叫び続けている私に娘が近寄ってきました。

うんと手を伸ばして

娘*「そうだ!!ママに肩たたきしてあげよっと!これでママの心の中にピンクのハートがたくさんでてくるよ!ね!」と私の肩をトントン。

ふと、冷静になれました。娘よ!ありがとう。

でもでもいつまでもダラダラしている息子に寝る前にも怒りがこみ上げてきて

私*「そんなことばかりしてたら張り倒すからね!」と言ってしまったのです。

息子*「・・・・・。」

そして娘はというと

娘*「張り倒すってどういう意味?」

来たー!!!!!!どういう意味攻撃!どうしよう、なんて説明しよう。

私*「お兄ちゃんがね、ちゃんとしないでダラダラしてるから、言うこと聞かないとママが倒しちゃうよ!っていったんだよ。」(もちろん張り倒すことなどありませんが、言葉の勢い的に言っちゃうんですよね。でも考えてみればこれって脅し・・・・。)

娘*「そっか=!針でチクっと、お兄ちゃんを倒すんだね!」

はー183張り倒すなんて言葉使わなきゃ良かった201

一日の終わりにこんな様子じゃ、疲れも一気にたまりまたまた反省モード。

ビールでも飲んで、スカッとしようと思い、帰ってきたパパとビールタイム。

そしてこの今日の子供達のやり取りを話すと、

パパ*「あーあー、これで娘は張り倒すの意味を間違って覚えたね!あーあ!」

ですって282私がうまく説明できないせいで、娘の間違った理解が増えていく・・・・282

またまた落ち込むではないか182

パパよ!もっと私に慰めと、癒しと、いいアドバイスをくれないか!

念願かなって!

1ヶ月ぐらいまえからでしょうか?

子供達がゲーム漬になっていると言われているこの時代に、昭和の子供達のように大きな網と虫かごを持ってドブ川探検に出かけているグループがあるという話を聞いたのは・・・・。しかも同じマンションで・・・。

今日はをつってきたとか、今日はザリガニ、今日はドブに落ちたとか・・・・。図鑑で調べてしかけまで作ってを取ったり・・・・。とそんじょそこらのドブを覗いて楽しんでいるだけのチームではないのです233

「え=195男の子は大変ね=。」なんてささやかれている中、「キャー、うちの息子も誘って誘って237」と密かに思い続けていた私228

思い切ってその子たちに「うちの息子も誘って!」と声をかけると、すぐに「ドブ川無料券」なるなんともステキな券が届いたのです189レインボーカラーに色が塗られ、予約期間や連絡先の自宅の電話番号まで書いてあるのです。その丁寧な仕事ぶりとユーモアセンスに笑いながら感動の涙が一筋228

それから、それから、息子が電話で予約したのですが、雨が降っていたり、予約していた曜日を間違えていたり、などなどなかなか行くことが出来ず、ついについに昨日、行ってきたのです。ドブ川ではなかったものの近くのザリガニ池!ザリガニ君GETです。

ザリガニ

昨日は学校の懇談会があり、娘を延長保育して参加していました。息子には鍵を持たせておきました。いつも遊ぶと言えば同じマンションの子と中庭でドッチボールか家でゲーム227

昨日もいつもと同じだろう!と思っていました。しかし学校から自転車で帰る途中、マンションのエントランスのほうから子供3人が自転車で出てくるのが見えます。「あれはドブ川チーム!」と思った瞬間、うちの息子もいたのです237楽しそうに虫かごを自転車のかごに入れて一生懸命自転車をこいでいるのです。他の友達は片手でおやつをつまみながら余裕の表情!「うちの息子大丈夫か203」と思いつつ、ドブ川の先輩2人がいるから大丈夫大丈夫!小さくなっていく3人をみながら「たくましくなったなー。」と感激・・・・・。あっ!友達の足にはしっかりと長靴が。

「しまった282」泥だらけになって帰ってくる息子を想像しつつ、明日はドブ川用の長靴を買おうと決心しました。

帰ってきた息子は、どろどろの足で手にはムシかご、目をキラキラと輝かせ、「お風呂に入りなさい!」と言う私の言葉をさえぎって「ダメダメ、話したいことがあるんだから!」とザリガニの飼育方法について一生懸命に話してくれました。「おいおい!育てるのは君だぞ!」

そして、そして娘はというと・・・・・。

品川のアクアスタジアムで買った特大えびのおもちゃを持ってきて(ザリガニと色が同じ229)、小さくなっているザリガニ君の横で「お母さんだよ。」と・・・・。

今日はそのお友達が、このザリガニ君のためにおうちを作ってくれるそうです。楽しみです236

 

 

工作好き。

息子がこんなものを作っておりました278

日曜日、空手の大会の後にマンションの集会室でみんなで「お疲れさん会」をしました。

そのとき、親たちはみな食べて飲んで楽しく盛り上がり、子供は子供で隣の部屋で楽しく遊んでいました。

ふとみると、息子がなにやら作っている様子。

私たちの飲んだお酒の缶をゴミ入れからひろい、自分たちの飲み終わったペットボトル、そしてポイントはぞうの鼻に使った「ロングガム」のから。

なんともまあ楽しいぞうでしょう。

今もリビングで南向きの窓から注ぐ太陽の光を浴びてキラキラと輝いております。見るたびに、楽しかった仲間との時間を思い出しますね。

zou.jpg

ビーズネックレス。

バックと一緒にビーズアクセサリー、出品中です189

bi-zu w1

bi-zu bn 1

お友達の作品です。ビーズのキラキラ感がとてもステキ。

オークションは日曜日終了です。お見逃しなく!

ビーズチャームのバック。

バックを出品しました189

P bag 11

今回のポイントは3点セット。バックとビーズのチャームとバネポーチ。

先日、友人の家に行くとそのテーブルの上には信じられないほどのビーズの山。

暇さえあればビーズ作りをしているとか。

しかもその彼女の作るビーズがすばらしい。

配色、デザイン、全てに何かを感じるのです。

そして紹介されたのが「バックチャーム」。

「チャーム」というともともとネックレス・腕輪などにつける小さな装飾品で最近では小指の先ほどの大きさの金属製アンティーク色のミニチュア、例えばコトリや鍵などのモチーフが人気です。

その「チャーム」をちょっと発想を変えて、バックにつける。ステキですね。

そして今回、譲っていただいたオレンジ系のバックチャームにあわせるために、紫リネンのシンプルなバックを作ったのです。リネンの紫にオレンジのビーズが映えますね。

その他にも今回は預かってきたビーズのネックレスたくさん出品しました。

どんな反応かくるか楽しみです。

引き出しのししゃも。

今日は学校のトイレ掃除。

ちょっぴり疲れたものの、やっぱり帰りのお友達とのランチは楽しいですよね。疲れも一気に吹き飛びました236

その代わり、家のことは何もできないんですよね~229

娘が幼稚園から帰ってきてからがまたまた大変203

夕方4時にバスが着き、急いでおやつを食べさせドラキッズへ送ります203

娘を置いて、いったん帰ります。

途中、スーパーで晩ごはんの買い物203

家につくと息子の友達3人が来ていてゲーム中201

皆、何時に帰るのか確認しつつ、洗濯物取り込み片付け、晩ごはん下ごしらえ203

そしてまた娘をドラキッズへ迎えに行き、中庭で少し遊ばせ帰宅203

お風呂を洗い、息子に宿題をやるようにせかせながら、晩ごはん作り203

あれもこれもと、急いでいたので娘にお手伝いを頼みました228

私:「ゴハンを入れてくれる?」

娘:「いいよ!ししゃもは?」

私:「???」(今日はシシャモは焼いていないよな~)

娘:「よいしょ。」と引き出しを開ける様子。とりだしたのはなんとしゃもじ

またまた笑いが止まらない=。

そしてやっと7時にはゴハンにありつけました。

息子に「しゃもじ」の「ししゃも」間違いについて説明し、またまた大笑いでした。

パパ帰宅。

無事にラスベガスからパパが帰ってきました189

土曜日はお土産祭りでした189

私:サンダル

息子:Tシャツ、ランニング2枚

娘:Tシャツ、ランニング、ホットパンツ3点セット

家:チョコレート、マカダミアナッツ

そしてそして幻の焼酎「森伊蔵」。

JALの機内販売で売られているそうです。

非常に人気商品のため、購入は1人1本まで。

この焼酎は何年か前からクチコミでうわさが広まり今ではプレミアが付くほど。

720ml定価3000円が市場価格ではおよそ2万円216

オークションでも高値で取引されているようです。

ネットでは「森伊蔵を定価で手に入れる方法」なんていうサイトがやまのようにあります。

製造元でも販売は電話予約のコンピューター抽選。なんとあたる確立は10倍とか。

そんな、そんな金の卵様が今うちのカウンターキッチンに千円前後の焼酎の隣に無造作に置かれているのです237

選択肢は3つ。

①オークションで売って、そのお金で好きなものを買う216

②父親にプレゼント228

③マンションのお友達を呼んで酒盛り179

さーどれが選ばれるのか?間違っても、酒の味のわからない人の口には入ってほしくないですね。

決断はパパ次第203

オウム返し。

オウム返し

「 他人の言ったとおりに言い返すこと。」

娘のコミュニケーションの問題。オウム返し。

昨日、バレエから帰ってきた後、「足が痛い。」といって冷凍庫からアイスノンを取り出し、足につけている娘203

しかもずっとやっているのです201

ちょっと心配になり、いくつか質問。

私:「いたいの。」 

娘:「いたい。」

ちょっと触ってみて

私:「いたくないの。」

娘:「いたくない。」

本当の事がわからずちょっと不安に。でも重症だったら歩けないはずだし、様子を見る限りは大丈夫そうかな?とりあえず一晩様子をみよう。

次の朝、バスに遅れそうになりちょっと走ったところ「足がいたいよー。」と娘が言いました。

幼稚園から帰ってきた後様子を見る限り大丈夫そうだったのですが、本当に痛くないのか、痛いのか良くわからず、不安に思っているよりはと思い「整骨院」に連れて行きました。

あまり風邪などひかず病院に行くことない娘は病院と名の付く場所に行ったのは半年ぶりでしょうか?ちょっと緊張気味に受付をすませると、若くてやさしそうな先生が対応してくれました。

私が状況を説明したあと、今度は診察しながら娘に質問。私はまたオウム返しかとかなり心配・・・。

案の定・・・・

先生:「これはいたくない?」

娘:「いたくない。」

足をまわしたり、押したりしながらこの質問を3回ぐらい繰り返した後

先生:「これはいたい?」

娘:「いたい。」

またこれを3回ぐらい繰り返す・・・・・。

なぜ先生は「いたくない?」から「いたい?」に変えたのか?たぶん無意識というか特に意図はないと思うのですが・・・・。

私も先生に「この子はオウム返しをしてしまう癖があって・・・。」などと説明するのも変だし、ドキドキしながらとりあえず様子を見ていました。

次の質問がまた難しかった

先生:「バレエをするときは左の足に重心をかけることがおおいのかな?」

娘:「いいよ。」

これを2回繰り返した後、先生は私に「どういう意味でしょうねー。」と。

娘は完全に質問の意味がわからない様子。たぶん、このレベルの質問は理解できないのでしょう。

先生には私がバレエ教室を見ている限りで、どういう足のポーズが多いかを説明。

先生は、質問に対して曖昧な様子を見せる娘に、「子供のことだからわからないなー?」という様子も一切見せずに親切丁寧に対応してくれました189

その様子に本当に心が温かくなる思いでした。

さらに先生は履いてきた靴をじっくり見てください、靴底のすり減り方、履き口のふくらみ具合などから、歩き方の癖や重心のかけかたなどを丁寧に説明してくださり、結果を出してくれました。最後には足の骨の模型まで見せて説明してくれました。

普段から、痛いと言っていたほうの足に重心がかかることが多く、バレエでも、そこに重心がかかるポーズをとるために、一時的にそこに痛みが出たのでしょうと。様子をみて、歩けないほど痛くなるようなことがあれば、シップやサポーターで治療していくのでその時はまた来てくださいとのことでした。

娘のはっきりしない応答にも親切に対応してくれる先生。病院も客商売の時代と言われますが、なんかそういう感じではなく、親切に一人ひとりに対応してくれていると言う雰囲気に嬉しく思いました。

私も、娘が「オウム返し」をしている時、質問に対してわからないんだろうなーという場面で一緒にいる時、なにか娘の理解の手助けになる言葉を言えることができたらと思いました。

同じ質問内容でも娘がわかるように言い換える、置き換える。

わかるようなヒントの言葉をかける。

こんなことがすんなりとできる母親になれればいいなーと思いました228

そしていつか、成人したときにはそういう手助けがなくても理解できるほどに成長してくれることを願うばかりです。1人立ちした時に困らないだけのコミュニケーション能力を!

母も日々勉強です。

<補足>さっき寝る前に質問してみました。

私:「今日の骨の病院の先生どうだった?」(娘はこのどうだった?の質問に弱い)

娘:「うれしかった。」(いい印象を持ったときはこう答える)

私:「どういうところがうれしかったの。」

娘:「骨があったところ。」278


帆布とブロックチェックリネンのスクエアバック

久しぶりの出品です189

チェック 

チェック

今まで使っていた革持ち手の在庫が切れてしまい、しばらく出品できませんでした182

土曜日や日曜日、質のいい革持ち手を捜しパソコンの前にずっといたのを見ていたパパは、たまたま羽田勤務の帰りに東急ハンズに寄って格安で質のいい革持ち手を買ってきてくれました189パパに感謝です237

今回は自宅にある布を早く消費するために、以前から持っている布で仕上げました。

黒の帆布。ブロックチェックのリネン。どちらも大好きなものです。お店でリネンのバックをみると、以外に全部リネンだったりしますよね。帆布とリネンの組み合わせは大好きです。またハンドメイドテイストのリネンバックってレースにタグ、くるみボタンなどなど「乙女チック」。

シンプルながらも上質素材を使う。これが私のハンドメイドの定番になりつつあるかな?

今回もう1つ出品228

akazukin 1

赤ずきんバックです。以前に友人の依頼でこの青の赤ずきんのコットンと黄色のドットニットの組み合わせで作った赤ちゃん用「スタイ」があまりにもかわいかったので、「この布合わせいける!」と思って作りました。

しかーし、オークションでは私のバックの印象としてシンプルでリネン、本革持ち手、帆布でスタイリッシュなイメージがついているのか、なかなかこういうポップなバックのアクセス数が伸びませんね229

やはりお店のブランドでもそうですがブランドイメージって統一されてますよね。

以外に、こういうポップテイストも好きなんですけど、作る回数が少ないのでまだまだ浸透していないようです。

小さいお子さんのいるマザーズバックでもいいし、シンプルなジーンズに白Tシャツなんかにも合わせやすいとおもうのですが、どうでしょうね~。

今回このバックはコットンのイメージにあわせてキルト芯を挟み、ふわふわ仕上げになっています。

誰かの手に渡ってくれればうれしいのですが・・・。

どちらも8日の日曜日終了です。今回も誰の手に渡るのか・・・。楽しみです。

おやつ。

おやつにミッキーのホットケーキを作りました237

ミッキー

チョコペンでお絵かきさせようと思いましたが却下229

そのまま食べていました。

この、ホットケーキを作ったのにはわけが・・・。

以前、幕張本郷の駅の近くのツタヤへ通っていた頃、近くにあるパン屋さんに寄りました。

お店の名前は「ドンナ」。初めて行ったときに、娘がみつけた「ミッキー型のワッフル」。

せがまれて、5つも買いました。

その日から娘の「ミッキーのパン屋さんに行く!」攻撃は毎日のように続きました。

時には幼稚園に行ってる間に車で買いに行ったこともあります。でも車で往復30分ぐらい。結構遠いんですよね229

考えました!考えました!→結論*ミッキーのワッフル作ればいいんだ!

しかーし、調べてみるとミッキーのワッフル型、1万近くするんですよね。んーーん買えない227

そんな話しを友人にしたところ、普通の型でもよければとミッキー型を貸してくれました。

ホットケーキでもミッキーの型だったら大丈夫だよねと思い、まずはホットケーキ。

ホットケーキミックス最近意外と高いですよね。便利ですけど・・・。

そこで10年ぐらい大ファンの栗原はるみレシピ。

薄力粉*100g 卵*1個 砂糖*30g 牛乳*100cc

ベーキングパウダー*小さじ1と1/2

混ぜて焼くだけです。甘さも控えめでいい感じ。

娘はワッフルじゃないと怒るかなーとちょっと心配でしたが喜んで食べてくれました237

第一声は「わーステキ!!!!」。嬉しい限りです。

ちょうど息子の友達も来たので、得意げに(←大人気ない229)「ミッキーのホットケーキ作ったよ233」と息子たちに話しかけると「いつもの事じゃん!」の一言。

「見てみて、ちゃんとした型で焼いたんだよ。きれいに出来てるよ!!!」とすかさず言い返しました。

でもでも男って・・・・230 

わりと時間のある時や、子供達をしかりすぎたなーなんて思った時は手作りのおやつを作ったりしていました。最近ではありがたみもなにもないのかしら・・・。だんだん味気ない「男」になっていくのかしら??

「母さん洗濯してあたりまえ」「母さんゴハン作ってあたりまえ」なんて・・・・。そんな考えが頭をよぎりましたがふとみると、おいしそうに全部食べ、「おかわりしたい!」といっている息子。やっぱりまだまだ小学校3年生でした。

今度は子供達と一緒に作ってみようかしら278

ママおもい???

昨日、寝る前にみんなで歯磨きをしていたときのこと・・・。

お風呂の残り湯を洗濯機に汲み取るポンプがあります。

その名も「湯とり姫」。

小学校3年で漢字が少しずつ読めるようになってきた息子は「これ、ゆとりひめって書いてあるんだよね?」と得意そうに言いました189

と、その時、ちょうど娘の目の高さにあったのが洗濯機に貼られた商品名が書かれたシール。

ママ思い

娘が「これは?」と聞きました。

「ママおもいだよ。」と答えると

私の腰のあたりにぐるっと手をまわし

「んーーーん、ママ重い。」と持ち上げる動作。

息子は爆笑。私も爆笑237

娘はウケ狙いだったのか、本気で言ったのか、ソコのところはまったくわかりません・・・・。

とりあえず、「ママ思い」を一生懸命説明してみました。

が、しかし、「洗濯してくれる洗濯機さんはママのことを思ってるからママ思いだよ!」

自分でも意味不明。「ママ思い」は一体どうやって説明すればいいのやら229

考えてみたら、電化製品の商品名っていろいろありますよね。

娘がすんなりと理解してくれるのはいつのことやら・・・。

でも楽しい1日のしめくくりでした236

ラスベガス出張。

久しぶりにパパが出張です203

以前は1ヶ月間中国とかアメリカとかありましたが今回は1週間のラスベガス228

最初、パパが出張で留守の時は心配で心配で、子供が熱を出したらどうしよう、とか逆にパパのほうになにかあったらどうしようなどとかなり心配したものです・・・・。

しかし今は・・・・。

慣れなんでしょうね。忙しい時にパパはいない、助けにならない。どうしようもない。

今まではお互いにお互いを頼ったりしていたけど今はなんとなく、それぞれ。

いいのか悪いのか?少し寂しかったりもしますが・・・・。

そんなことも言ってられないですよね227

子供にゴハンを作って、小3の息子には「宿題やったか」「学校で嫌なことはなかったか」「勉強はちゃんとやってるか」「提出物は期限をまもっているか」「プールの用意はまだだったか」「空手の大会費は払ったか」「そろそろ夏休みのキャンプなど申し込みは大丈夫か?」・・・・・。

年長の娘には「幼稚園で困ってることはないか」「プール時の水鉄砲を作るために材料は用意したか」「にんじん堀の準備は大丈夫か」・・・・・。などなど

子供のことは細かくて、やることがたくさん。しかも不安と心配はつきもの。

気を抜いて挑めばいいのだけれど私の性格上、ぬかりなくちゃんとやったか不安でしょうがない。

そのわりに忘れ物、失敗が多い・・・・・。

特に最近は年のせいか(まだ32歳だが・・・・229)ついさっき言った事も忘れたりする。いろんなことを頭のなかで考えすぎなんだろうと反省。

昨日も、パパが出張に持っていくためのトートバックに肩掛けの紐をつけたいと1週間ぐらい前から相談を受けていたのにすっかり忘れていて、かなり怒られました。

「俺のことは、どうでもいいのか?明日から出張に行くんだぞ!少しは気遣ってくれ!」と。

何が重要で、何をしなければいけなくて、時々頭がごちゃごちゃです。

何もしないでゆっくりもしたいし・・・・。(←こんなことしたら家の中がまわらない)

娘は横でまた妄想劇が始まっている・・・。いつもはいとおしくかわいいと思える娘の言葉もちんぷんかんぷん通じない、と思ってしまう自分にまた気分が落ち込み・・・・。

そんなときはゆっくり充電するしかないですね。

と思いながらもあー、これを書いてる間にも1つ大事なことを思い出しました!自動車税、今日が締め切り!危ない危ない!郵便局に行かなくては。

いつまでも落ち込んでられないですね。今日も頑張りましょう。

プロフィール

Author:nori
B型。1976年生まれ。
日常をぼちぼち綴っていましたが
最近は支援学級に通う娘の記録。
時々、高専に通う息子のおもしろネタ。

インテリア、ハンドメイドな日常は
ブログ「105号の部屋」へどうぞ!

Family
 きまぐれな航空エンジニアのパパ
 高専男子、青春真っ只中の息子。
 知的発達の遅れのある中学1年の娘。
 ちなみに全員B型…。
 

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
シンプルアーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。