QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚式。

3連休、いとこ結婚式のため北海道の実家へ帰りました236

結婚式に出席するのは何年ぶりでしょうか?

子供たちにも少々おめかしさせ、私もパパも久しぶり真珠をひっぱりだしてきてちょっぴりおめかし194

山のふもとの教会で式が始まり、パイプオルガンの神聖な音とともにウエディングドレス姿のいとこがお父様と登場189

見た瞬間に、自分の気持ちを感じ取る前になぜか条件反射的に涙237

なんだか恥ずかしく、ハンカチでそっと涙をふき周りを見ると私の祖母、母、姉、みな涙・・・。

それをみてまたまた私も涙・・・・。さすが親子。みな感情的なんです・・・。

いとこの花嫁姿が本当に美しく、嫁いでいく花嫁、そして父の気持ちを考え涙・・・。

また小さかったころのいとこを思い出し大きくなったと感動し涙・・・・。

自分の結婚式のことを思い出し涙・・・・。

自分が結婚してから10年。その間の苦労を思い出し涙・・・・。

わがままだというものの健康に育っている子供が二人もいるという幸せに涙・・・・。

たくさん喧嘩したけれど、今、立派な家を持ち幸せに暮らせているのもパパのおかげと感謝して涙・・・。

教会にいたのはたったの1時間弱でしたがいろんな事に思いをはせました。

何事も初心に戻るのが大事といいますが、自分の結婚生活の初心に戻るのもいいですね。

神父様の「どんな時も相手を思いやり、いつくしみ、寄り添い・・・・」などの言葉をきいていると、「何度言っても靴下をそのへんに脱ぎすて、洗濯機に入れてくれないときはどうすればいいのですか?」など具体的な行動についての対処方法を相談したくなりますが、きっとそんな小さな次元の話をしているのではないということは分かっているので、これからも「思いやり」を持って生活していかないといけないんだなーと神父様の言葉を深くかみしめました278

それにしても本当にいい結婚式でした233

スポンサーサイト

無心になれるもの。

最近、無心になれるもの。それはタイピング。

若い頃、タイピングの講座に通っていたことがあります。

お仕事で始めたときは自己流で、今でもその癖が抜けません227

今ではブラインドタッチができるというもののもっと早くなりたいなーと思い、「タイピング」で検索してみるととっても面白いサイトを発見しました。

e-typing」ーこちらのサイト、腕試しレベルチェックではその時その時でテーマに沿った短文が出題されるのですが、このテーマがすごく面白いときがあるのです。

今日は、「プラス思考の励ましの言葉」でした。

「悩むよりやってみよう」「苦労なくして成功はない」「ファイト一発」「苦労はかってでもしろ」などなど。

以前は「駄菓子編」「OLの会話編」などなどおもしろテーマがたくさんありました。

また違うコーナーでは「お国自慢タイピング」や「脳トレタイピング」など楽しめるものが盛りだくさん。

Flashタイピング寿司打」-こちらも超おすすめ。回転寿司のようにお題が流れてきます。

「まぐろ」「えんがわ」など寿司ネタばかりかと思うと突然「自画自賛」や「熊」など出てきて気がぬけません。

どちらも、とにかく「無心」になれます。

ちょっとの時間ですが、わずらわしいことを考えず、集中する数分間。集中力がつきそうです237

金魚のできちゃった婚。

子供の発想ほんとうにおもしろいです237

うちでは大きな金魚を3匹飼っているのですがその水槽を見ながらの会話です。

息子:「大きい金魚か小さい金魚をつついているよ。どうしてかな?」

私:「きっともうすぐ卵を産むんじゃないのかな?」

息子:「それじゃあ、できちゃった婚の金魚だね。」

いつどこで「できちゃった婚」覚えたんでしょうね?っていうかその発想どうなの???

幼稚園、年長の娘はまだまだ面白い発想をしますが、小学校3年生の息子、そろそろ大人っぽい発想へ落ち着くのではと思いましたが・・・・。

でもこういうの大好きなので私もわざと使ったりするときありますけど278そんな私の子供ですから面白発想、いつまでもするでしょうね。ちょっとした子供の発言。心がホット温まりますね。

つわもの。

昨日の晩ご飯の時間、息子が深刻な顔をして話してきました。

「ママ、絶対に怒らないから聞いてくれる。」と。

そんなこと言われたら、悪いことしたとしか考えられず、怒らないなんて約束はできませんよね。

それでも冷静に聞いてみると、内容はこうでした。

3週間前の書道の時間、どうしてもその日の課題である「ビル」という文字が上手にかけず時間内に提出することができなかったらしいのです。先生とは家でやってきて提出すると約束したのに、そのままほっぽり出して約3週間。その間、先生から何度か催促があったにもかかわらず無視。クラスのみんなの「ビル」という文字は教室の後ろに張られているのに、息子のは前回の「つり」のまま。

明日になってママが教室に入ってきたらすぐにばれる282今のいままで隠し通してきたのですがやっと覚悟をきめて話した様子。

悪いことは悪いですが、ここまでくると「つわもの」。以前にも宿題をやはり1か月程度忘れて黒板に名前を書かれ、先生に放課後残されるという事件があったばかり。

普通、隠していた、めんどくさいからそのままにした、といっても2回目の先生の注意があればだいたい聞きますよね。私だったら我慢の限界はせいぜい1週間。

なんということでしょう203自分のこどもながら信じられません。

こんな学校の様子も息子がウソをついていたり、隠していてはわかりません。最近では息子が信用ならず「今日、先生に怒られたことなかたの?」「宿題は本当にこれだけ?」などなど様子をうかがう質問ばかり。

ちょっと悲しくなるので「楽しかったことは?」「褒められたことは?」と聞きますが・・・・。

やはり気になるのはちゃんと学校でやっているかどうか?です。

昨日もその「書道事件」の話のあとに、机の中はどうなってるのか確認したところ、テストが3枚入っているのが発覚282どうせここでウソをついても明日ママが学校に行けばばれると思ったのでしょう。正直に話しました。

って本当になんなんでしょうね。男の子ってこんなもの?

まだまだ3年生?????もう3年生?????

自分の気持ちに整理をつけるのに時間がかかりそうです241

ゴミのサイクリング。

うちの娘は3歳ぐらいから小学館の幼児教室「ドラキッズ」に通っています。

最初の頃は、なんでこんな小さいうちから字を書いたり読んだり、数を数えたりしないといけないんだ!と迷いの部分もありましたが、「継続は力なり!」まさにその通りで、通っていてよかったと思えるほどになりました。

勉強の部分だけではなく、友達と一緒に先生の指示に従うという集団生活のルールみたいなものが自然と身についたように感じます236ほんと続けていてよかった。

で、今日は年に何回かある参観日。内容は特別学習。

先生から「最近地球が熱くなっているそうです。さてそれは何が原因でしょう?」と突然問題が・・・!!!!幼稚園児にこの質問!なんの前触れもなく!!

娘の答え*「電気の使いすぎ!」

ちょっと笑いました。

先生の意図としては、ゴミ問題を取り上げたかったようです229

幼稚園児にはちょっと難しいテーマ282

でも先生は、缶、ビン、新聞紙、牛乳パック、生ゴミなどなどのイラストで説明。工夫しているな―と関心していると、いろんなことを口々に言う子供たち。

するとものすごく大きい声で「サイクリングだ=!サイクリングだ=!」と言う子供237

分かりますよね。「リサイクル」です278

子供の間違いって楽しいですね。どんなことも恐れずにどんどん発表、発言できる子いいですね。

プロフィール

nori

Author:nori
B型。1976年生まれ。
日常をぼちぼち綴っていましたが
最近は支援学級に通う娘の記録。
時々、高専に通う息子のおもしろネタ。

インテリア、ハンドメイドな日常は
ブログ「105号の部屋」へどうぞ!

Family
 きまぐれな航空エンジニアのパパ
 高専男子、青春真っ只中の息子。
 知的発達の遅れのある中学1年の娘。
 ちなみに全員B型…。
 

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
シンプルアーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。