QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テスト。

先週、はじめて娘の放課後勉強がありました

算数の練習プリントを何枚かやり
「明日算数の時間に同じような内容のテストをやるからね。」と
先生は言っていました。


練習問題のプリントを何枚もやって、その単元が終わる時に
白い大きなテストをします。

どのくらい、理解できているか確認するためのものです。


放課後勉強もしたし、少しは理解が進んでいれば・・・と少々期待。

しかし、昨日、テストを持って帰ってきたのですが、やはり全然出来ていませんでした。
単純に、計算ミスや記入ミスではありません。
明らかに、「発達障害」に関係する理解の問題です。

例えば「あめを18こもっています。8こもらうと何個でしょう。」

キーワードは「もらう」。学校では「もらう」=「足し算」ですが、それは理解できません。

例えば家での場面。
兄*「10個、チョコレート食べようっと!」
娘*「ずるい、多すぎ!」
私*「じゃあ、5個もらいなさい。お兄ちゃん、5個もらうね。」

娘の頭のなかでは、「おにいちゃん10個もってる、5個もらう、すくなくなった。」と
なるようです。

誰が基準なのか?「おにいちゃんからもらう。」「おにいちゃんにもらう。」

あめの問題には「誰が誰に、だれのがなんこに?」とは書いてないですよね。
そしてその横には本当に本当にこれがくせもの!!!
お母さんが両手にいっぱい山盛りあめを持っている絵。


理解が難しいとわかってわいるものの、自分の気持ちの整理がつかず・・・。


まず、第一に授業中の練習問題。

プリントが配られ、みんな一緒にやるのですがその時点で
理解していません。それを隣の人同士、マルつけするのですが、
どうにもこうにも、無理なんです。

隣の子に、娘が理解できるように説明してもらうなんて
到底ありえないし、ましてや、隣の子のマルつけなんて
やってあげられないし・・・。

わかってはいるのですが、悪循環。

間違ったままマルがつけられたり、適当な答えの書いた練習プリントを
持ち帰ってくることもありました。

また、算数のノートには途中で終わっているもの、間違っているのに
マルがつけられているもの・・・・・。

明らかに、理解できずに終わった形跡のある状態。

仕方がないとはわかっていても、学校側にはフォローしてほしい点は
たくさん伝えてあるはずなのに・・・・・。

昨日、持ち帰ったテストを見て、あれこれ思案してしまいました。
もっと、学校側に要望を伝えるべきか?やってもらうのは当然の権利?
それとも算数は出来なくてもよいのか?他を伸ばしていけばよいか?
しかし、実際問題、低い点数を娘は見て自信をなくしていかないか?
それとも、親が学校とは別の機関にサポートを求め、親がフォローすべきか?


いずれにせよ、私は日常の忙しさにどれもこれも手を打たずに放っておいて
ノートの確認など現状の確認のみだったことにすごく反省・・・・・・。
そして今後に迷い・・・・・・。



娘が楽しそうであればいい、困ってなければいい!と思っていましたが
今日の朝、

娘*「夏休みはいつ?」と聞くので

私*「8月は全部夏休みで学校はお休みだよ!」というと

娘*「そんなの遠い、遅すぎ!」と言っていました。

これは学校がいやなのか?それともだた普通のわがままなのか????


あれこれと考えているうちに、娘も日々成長していきます。
親が受け入れる第1段階を終え、そろそろ娘自身が自分のことを知り
受け入れる第2段階がじわじわと近づいてきているのかな~と・・・・。

私の気持ちも早く確かな方向に決めないといけないな!と思う今日この頃です



スポンサーサイト

低燃費少女ハイジ。

数か月前から娘がはまっているもの・・・・・。

それは、「低燃費少女ハイジ」

日産の車のCMで流れているのを見て以来、「おもしろいな~」と思っていたら
パパがYou TubeでCMの「低燃費少女ハイジ」のお話編フルバージョンを見つけてきたのです。

それが、とってもおもしろい。

声はハイジが友近、その他おじいさんからペーター、ヤギまで次長課長の河本が担当しているとのこと。

やまびこ編からクララの誘惑編などさまざまなバージョンがあるそうです。

ぜひみなさんも楽しんでみてね。最近はグッズもたくさん売ってますよ。

ちなみに私と娘が一番好きなのは
「低燃費少女ハイジ 第3話 おじいさん編」です。
娘は学校の廊下でこのハイジのまねをして「バカバカ・・・・」いいながら歩いていて先生に怒られたとか!
うちのルールでは「学校ではハイジのまねはしない!」です。

ではお楽しみください


低燃費少女ハイジ 第3話 おじいさん編
ルールールルルーずっちゃ、ずっちゃ、ずっちゃ、ずっちゃ~~

Aハイジ*おじいさん×17

Bおじいさん*なんじゃねハイジ聞こえとるよ、ずっときこえとるって

A*低燃費って何!
B*え・・・
A*低燃費って何なの !!
B*なんじゃ急に 
A*CVTってなに!!
B*なに?何が?
A*CVTって何のこと!
B*なにおいっとるかわからんよ
A*C、V、T!
B*なにCV ? 
A*T !
B*T? バックの話してるの 
A*ち、が、う、低燃費って何?CVTってなに  なになにな~に 
B*やめてもうやめてホントやめて頭痛くなるから
 おじいさんやっぱり頭痛くなるよ、そんなこといわれたら

A*おじいさん、バカ
B*それ言葉の暴力って言うんじゃよ、ハイジ
A*おじいさんは、山の、山の男でしょ。山の男は何でも知ってるっていってた
B*え・・
A*わからないこと、おじいさんか、もみの木に聞けばなんでも教えてくれるっていったわ。
B*言った? それ、えっ、ほんとうにわしがいったことば?
A*いった!
  おじいさんはうそつきなの!
B*いやいや、ちがうよほんとつきよ
A*ほんとつきってなに!
   もうやおじいさんはやまいちばんのうそつきだわ
B*だって知らんもん。ちょっと頭痛いって、やっぱりそんなおっきい声出されたら。
A*なんでも、しらん、しらん言う!!
B*ちょっとこまった。

   えっと、低燃費からいっていい
   低燃費やろ、低燃費ってなんかきいたことあるけどな~あの山のふもとのばあさんが一回、一回だけ過去に
      低燃費って言ったのわし聞いたけど
A*え、なに!
B*おり ,いっぺんくだってみる山?くだってばあさん、聞いてみる
A*くだる!
B*一緒に聞いてみる
A*聞く!行く!
B*行く?
A*行く!!
B*そんな騒がんといてホント頭痛いから

  行く?やぎのるヤギのってみる?
A*ヤギ乗ったらペチャンコになる
B*その声ちょっともうやめてくれんかほんとに
A*この声地声だから仕方ないおじいちゃんのばか
B*つんざくんだよ、つん、つん、つんじゃ、つんざくんじゃよ
A*つんざくってなに!

♪ナレーション♪
ハイジの大きな声が頭を駆け巡っているおじいさんはその後も低燃費という言葉に悩まされ続けました
おじいさんを悩ます低燃費とは一体なんなのでしょうか?

A*CVT、低燃費って何!CVTってなにって聞いている
B*ちょっとごめん頭痛い
A*低燃費って何CVTってなに
B*だってしらんもんちょっと頭痛いって
A*おじいちゃん
B*そんなおっきい声出されたら
ヤギのゆきちゃん*めーめー
B*ちょっとこまった、ちょっといいかい、落ち着いていい

A*低燃費ってなに!

学校の役員。

今年、学校の役員の仕事を受けることにしました

去年と引き続きというえば、引き続きですが、今回は種類が違います。

PTAの元締めみたいところ。本部です。
活動が始まるまで前年度末は皆さんに内緒で…・ということでとっても心苦しかったのですが、
今は堂々とオープンに活動しています

昔はベールに包まれていて実態も分からず、いつも学校で作業している人たちって思っていました。

今回、そこに入ってみてびっくり!!

要するに学校を会社に例えると、経理、総務、企画、営業、何でも屋と言ったところ・・・。

PTA保険のお手紙や、学校ニュース等のお手紙作成に印刷、配布。

バザー等さまざまな行事の運営、企画、とりまとめ。

近隣学校との交流行事、市民の会やPTA連合との会議など・・・。

今まで知らなかったことがたくさん

今週末は近隣学校の運動会のあいさつ回りがあり、早速活動範囲が広がってきます。

新しい世界に、新入社員のような気持ちで楽しんでいます。

校長先生と話す機会もたくさんあり、ざっくばらんに学校の方針なども聞くこともできます。

今まで、「どうしてこんな仕組みになっているんだろう?」と思っていたことも
「なるほど。それは仕方ないね。」など、理由がわかり納得する部分も多くあります。

また、「このままじゃ、不便だね。」と思ったことは改善できそうな予感もしています。

今年は校長、教頭先生、PTA会長も変わり、なんだか変化がありそうな年だな~と思っています。

密かな野望が幻想のまま終わらないように・・・・。

といっても、日常の業務は今のところ印刷作業が主な仕事。
久しぶりに市役所でバイトしていた時のことを思い出しました。

古~い印刷機と闘いながら、700名ほどの印刷を行い、クラスごとに分ける。

最初から「500枚ぐらい印刷しちゃおっか!」と一気にやってしまい・・・・・。あまりの多さに呆然・・・。

「そうか!クラスごとの枚数で印刷すれば、数えなくて済むんだ!」と、何年ぶりかに指サックをつけて
ひたすら数えました

任期は一応2年

2年目終わった時に、「なんだか学校のPTAって楽しいよね。前より効率的だし!変ったね!」って
言ってもらえるようになれたらいいなーと思っています



言葉。

娘の誕生日の日

娘にとって誕生日ケーキは一大イベント。

お店で買うかうちで作るか??はたまたチョコレートケーキかショートケーキか??

考えているだけでも、ワクワクドキドキ。

考え抜いた末、娘ももう8歳の女の子。

「自分で作る!!」ということになり一緒に作ることにしました。

キッチンはまるで「
こぐまちゃんのホットケーキ」の絵本の中のよう。(余談ですがこの絵本、点字付きが発売されたんですよね

娘は小麦粉を取り出したり、砂糖を舐めたり、クリームをせかしたり、卵を出したり・・・・・。

そしてようやくスポンジが焼きあがり。

自分の部屋でゴロゴロしいた息子も、
「この匂い~~~~。たまらな~い。」と部屋を飛び出してきました。

スポンジがさめるまでは我慢です。

そしていよいよお楽しみにクリームタイム

娘はすきあらば、クリームをぺロリ

今日ぐらいペロリはOKと、思って黙って見ていると変な所にまじめな息子は
「ダメ!!!!絶対ダメだからな!」と
クリームを必死に守っています。

そんなこんなをしながら、ケーキ完成
ケーキ2 

そういえば、私が小さい時も母が誕生日にはケーキをつくってくれたな~と思いだしました。
クリームをハンドミキサーで泡立てるのが大好きで、すごくたのしかったな~って思いました。

夕食後、ケーキを食べるときのこと。

まずはローソクを8本。

そして「チャッカマン」を取り出しました。

息子が「チャッカマンやるやる!」と騒いでいると

娘が一言。

「マンってヒーローなの?」と。

娘は「スーパーマン」とか「ウルトラマン」とか「ガッチャマン(古い)」など、「マン」がついているのでヒーローなのかと突っ込みを入れていたのです。

ウフフ

これだけではありません。

いよいよケーキを切る時。三角に切った大きさが、息子の想像より小さかったので

息子「このケーキ薄いよ。」と言った瞬間

娘*「薄いって補助教材か!」と言ったのです。

これは現在の小学生ならみんなわかるのかな?限定突っ込みと言った感じかしら??

ゆとり教育から少しずつ勉強内容を以前のものに戻そうということで現在、算数の教科書には「補助教材」と呼ばれるうす~い、別冊が付いているのです。

先生たちはその補助教材を持ってくる時、「補助教材を持ってきてください!」といっても子どもには分かりにくいので「薄いほうも持ってきてください!」などと説明しているようです。

なので「薄い=補助教材」とつながったんでしょう。

ウフフ

2回も立て続けに娘の頭の中の「言葉のつながり」を発見することができました。

最近ではこの「言葉のつながり」がお笑い系として通っているようです。

しかし、私が思うには発達障害の中にある言葉の特徴だと思っています。

詳しくはわかりませんが、娘の場合、言葉そのものと意味を状況や使い方で理解しているように感じます。

怒られている時は「ごめんなさい。」、何かしてもらったときは「ありがとう」、くやしいときは「クソっ!」と言う感じ。

女の子が「クソッ!」などと言う言葉はあまり使いませんよね。マンガの中で覚えてしまったんです。
なのでよく使っています。

「マン=ヒーロー」、「薄い=補助教材」

以前には動物園でモルモットを触った時・・・。
息子*「背中をおしたら鳴いたよ!」という言葉に対して
娘*「おもちゃなの?」と言いました。

よくぬいぐるみなどで押すと鳴き声のでるもの、ありますよね。

その時は「背中をおすとなく=おもちゃ」というい言葉のつながりだったのでしょう。

頭の中の言葉のつながり。

この言葉のつながりを「感性豊かに」育てていければと思っています。

最近、よく考えて笑いをとるために言った息子の言葉よりも、娘のふとした「言葉のつながり」のほうがおもしろかったり・・・。
息子のフォローも考えていかないとですね

ハムスター。

ゴールデンウィーク、暖かくてお出かけ日和でしたね。

今年は珍しく予定もなく、「去年は黒部立山アルペンルートに行ったな~。」と思いながらのんびりと過ごしていました。

5月4日、娘が8歳の誕生日を迎えました。

なんだか8歳なんて信じられないような・・・・。

2週間ぐらい前から、「ハムスターを買う」と言い出した娘。

「じゃあ!誕生日に買おう!」ということにしましたが、早く欲しくて仕方がない。

そこで「おりこうポイント制度」導入。

最近2年生になり、なんだかたるんできたのか、成長した証拠なのか「めんどくさい」とたまに言うようになりました。

そんなめんどくさい時は「おりこうポイント貯めよっか!」と言いポイントを貯めて行きます。

そのポイントがたくさん貯まったらハムスターを買うことにしました。

よく「物で釣るのはよくない!」などとも言われますが、今回初めてだし明確な楽しみが待っているのですから
いいかなーと思いやってみました。

するとまじめに「おりこうポイント 1ポイント」から始まり「70ポイント」までどんどん頑張って貯めるのです。

ふと私が忘れている時も「今、おりこにできたよ。パジャマたたんだよ。50ポイント」と言って一人でやっています。
また算数の概念が身に付きにくいと思っていたのに、今回は前回のポイント数をきちんと覚えていて1ポイントずつプラス出来ているんです。

見通しがあり、その先に楽しみがあるのはいいですよね。

ハムスター 
ハムスターを家に連れてきて大満足な様子。これからのお世話が楽しみですね。

私はお世話したりできるようになった娘の成長を見るのが楽しみです。





プロフィール

Author:nori
B型。1976年生まれ。
日常をぼちぼち綴っていましたが
最近は支援学級に通う娘の記録。
時々、高専に通う息子のおもしろネタ。

インテリア、ハンドメイドな日常は
ブログ「105号の部屋」へどうぞ!

Family
 きまぐれな航空エンジニアのパパ
 高専男子、青春真っ只中の息子。
 知的発達の遅れのある中学1年の娘。
 ちなみに全員B型…。
 

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
シンプルアーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。