QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テスト。

先週、はじめて娘の放課後勉強がありました

算数の練習プリントを何枚かやり
「明日算数の時間に同じような内容のテストをやるからね。」と
先生は言っていました。


練習問題のプリントを何枚もやって、その単元が終わる時に
白い大きなテストをします。

どのくらい、理解できているか確認するためのものです。


放課後勉強もしたし、少しは理解が進んでいれば・・・と少々期待。

しかし、昨日、テストを持って帰ってきたのですが、やはり全然出来ていませんでした。
単純に、計算ミスや記入ミスではありません。
明らかに、「発達障害」に関係する理解の問題です。

例えば「あめを18こもっています。8こもらうと何個でしょう。」

キーワードは「もらう」。学校では「もらう」=「足し算」ですが、それは理解できません。

例えば家での場面。
兄*「10個、チョコレート食べようっと!」
娘*「ずるい、多すぎ!」
私*「じゃあ、5個もらいなさい。お兄ちゃん、5個もらうね。」

娘の頭のなかでは、「おにいちゃん10個もってる、5個もらう、すくなくなった。」と
なるようです。

誰が基準なのか?「おにいちゃんからもらう。」「おにいちゃんにもらう。」

あめの問題には「誰が誰に、だれのがなんこに?」とは書いてないですよね。
そしてその横には本当に本当にこれがくせもの!!!
お母さんが両手にいっぱい山盛りあめを持っている絵。


理解が難しいとわかってわいるものの、自分の気持ちの整理がつかず・・・。


まず、第一に授業中の練習問題。

プリントが配られ、みんな一緒にやるのですがその時点で
理解していません。それを隣の人同士、マルつけするのですが、
どうにもこうにも、無理なんです。

隣の子に、娘が理解できるように説明してもらうなんて
到底ありえないし、ましてや、隣の子のマルつけなんて
やってあげられないし・・・。

わかってはいるのですが、悪循環。

間違ったままマルがつけられたり、適当な答えの書いた練習プリントを
持ち帰ってくることもありました。

また、算数のノートには途中で終わっているもの、間違っているのに
マルがつけられているもの・・・・・。

明らかに、理解できずに終わった形跡のある状態。

仕方がないとはわかっていても、学校側にはフォローしてほしい点は
たくさん伝えてあるはずなのに・・・・・。

昨日、持ち帰ったテストを見て、あれこれ思案してしまいました。
もっと、学校側に要望を伝えるべきか?やってもらうのは当然の権利?
それとも算数は出来なくてもよいのか?他を伸ばしていけばよいか?
しかし、実際問題、低い点数を娘は見て自信をなくしていかないか?
それとも、親が学校とは別の機関にサポートを求め、親がフォローすべきか?


いずれにせよ、私は日常の忙しさにどれもこれも手を打たずに放っておいて
ノートの確認など現状の確認のみだったことにすごく反省・・・・・・。
そして今後に迷い・・・・・・。



娘が楽しそうであればいい、困ってなければいい!と思っていましたが
今日の朝、

娘*「夏休みはいつ?」と聞くので

私*「8月は全部夏休みで学校はお休みだよ!」というと

娘*「そんなの遠い、遅すぎ!」と言っていました。

これは学校がいやなのか?それともだた普通のわがままなのか????


あれこれと考えているうちに、娘も日々成長していきます。
親が受け入れる第1段階を終え、そろそろ娘自身が自分のことを知り
受け入れる第2段階がじわじわと近づいてきているのかな~と・・・・。

私の気持ちも早く確かな方向に決めないといけないな!と思う今日この頃です



スポンサーサイト
プロフィール

Author:nori
B型。1976年生まれ。
日常をぼちぼち綴っていましたが
最近は支援学級に通う娘の記録。
時々、高専に通う息子のおもしろネタ。

インテリア、ハンドメイドな日常は
ブログ「105号の部屋」へどうぞ!

Family
 きまぐれな航空エンジニアのパパ
 高専男子、青春真っ只中の息子。
 知的発達の遅れのある中学1年の娘。
 ちなみに全員B型…。
 

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
シンプルアーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。