QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう3年生。

新学期がスタートして、2週間ちょっと。
軽度発達障害の娘も無事に進級し、3年生を迎えることができました。

このブログを振り返ると
「進級にあたって」と毎年のように出来事を記録してきました。

今年も波瀾万丈いろいろな事がありました。
泣いたり笑ったりというか泣いてばっかり・・・・・かな。私が・・・。

詳細はまた後ほど・・・・。

精神的に一番、不安定で迷って泣いて、暗闇のほうへ進みそうになった時どんなに周りの人に助けられたでしょう。
話を聞いてくれる、アドバイスしてくれる、お疲れだからとコラーゲンドリンクをくれる、励ましてくれる、一緒に泣いてくれる、抱きしめてくれる・・・・。

皆から元気をもらいパワーをもらい。

未熟な自分を反省し。

また前へ進み。

そんな中一番強かったのは娘自身。

「もう3年生なんだからそんなに心配しないで!」

「あんなこと言う友達は、関係ない!」

「一人でも寂しくない!」

「早くお料理を作れるようにならなくっちゃ!」

「一人で髪の毛洗えるようにならなくっちゃ!」

「何でも自分でやる!」

本人もクラス替えで周りの友達も変わり、先生も変わり、きっと不安も緊張があったはずなのに
毎日、力強い言葉に「自立」の道に進まなければと改めて実感しました。

「自立」と「サポート」これが小学校中学年を迎えた娘の母親である私にとっての一番の課題となりそうです。

手や口は出さずに、目は離さず。


今日は3年生で初めての「鍵チャレンジ!」

私は今日学校の総会&歓迎会で朝9時半から夜の7時半ぐらいまで学校の予定。
娘は鍵を持って私のいない自宅に帰ります。

そして兄と一緒に晩御飯作りです。

夕方帰宅して、どんな状態になっているのか?

ちょっとワクワクドキドキ、楽しみです。

二人で出来た歓びを実感し、成功体験となって、積み重なっていけるといいなと思わず期待してしまいます!

スポンサーサイト

部活。

先日、息子のサッカー部の保護者説明会がありました。

部活といえば・・・・。

息子は3年生の時、友達と遊びたい!一緒にいたい!楽しそう!という安易な気持ちでサッカー部に入りました。

が、家族中サッカーのルールもろくに知らず、興味もあまりなかったので、いろいろと大変な事もあり・・・・。
息子はサッカーの技術的な問題、友達との関係など、私は当番や役員などの運営方法でお母さん達とぶつかりあったり・・・・。

「もう辞める!」「辞めてやる!」「辞めたい!」「辞めよっかな・・・」「辞めちまえ!」「辞めさせられる!」

部活を「辞める」という選択肢にどれほど悩んできたか・・・・。

しかし、今回の保護者会で校長先生の言葉がとても重く心に残りました。

「一生懸命やっている子どもの姿に大人達が励まされているんです。子どもたちの姿から教えられることがたくさんあります。」

今、振り返るとサッカー部に入っていなかったら得られなかったことがたくさんあると思います。

何週間も前の試合の時の弁当の残りがリュックから発見された時や、炎天下の試合の応援、皆選ばれているのに息子だけ選ばれない試合、何回やってももずっと0点の試合、すね当てをなくしてお手製段ボールすね当てを使っているのを発見した時、電車で試合に行きスイカをなくしてきた時、何時間もかかるサッカー部の打ち合わせ・・・・・。

辛くて、イライラして、すご~く嫌で、もどかしくて、怒鳴り散らして、落ち込んで・・・・・。

でもこんな気持ちを経験したのも、サッカー部に入っていたおかげ。

何より、何も経験していない状態よりは息子も私も少しは成長したかな?

負け試合ばかりで、「やったー!」「嬉しい!!」という経験は少ないけれど、1点の歓びを知り、負けても相手にされなくても腐らずにやり続ける力を親子共々学んでいる気がします。

そんな息子も、ホントかどうか?日曜の練習試合で2点を入れたとか・・・・。
どうしても疑ってしまう息子の実力。私もきちんと試合に足を運んで子どもたちの姿から元気をもらい子どもの成長を見守らねば・・・・・。小学校生活最後の1年間。悔いのないように・・・・・・。





お弁当箱が・・・・。

先日、春を感じた家族4人のお弁当。

計画停電もなくなったので、給食も完全復活。
子どもたちのお弁当作りはなくなりました。

うれしいやら、さみしいやら・・・・。


お弁当を持参した日。

娘は帰ってきてすぐに「おいしかったよ!」と報告

部活から帰ってきた息子は
「お弁当全部食べたよ!足りなかった!もっと食べたかった」と。
6年生にもなれば、量もたくさん必要なんですね。

桜の木の下でお花見気分で皆で食べた様子を聞きながら、和やかに会話をしていると、なんと、お弁当箱を持って帰って来なかった事が発覚
きっと忘れてくるだろう!と思っていたので、想定内、想定内、と落ち着いて明日持ってくるように言い聞かせました。

しかし、次の日も次の日も持って帰ってこないんです!

私も怒り爆発で
「絶対カビ生えてるからね!」「すごい匂いするよ!」「熱湯消毒しないともう使えないよ!」「お母さんは絶対に洗わないからね!」とありったけの言葉でまくしたててしまいました。



初日はパパには内緒にしていましたが、もう我慢できない!と思い

私⇒「もう3日もお弁当箱、持って帰ってこないんだよ!」と報告すると

パパ⇒「あ!オレも弁当忘れてきた!」

私⇒「

返す言葉がありませんでした。

今日は私だけがお弁当!こんな日は前の日のカレーでも持っていっちゃいます。
あーそれにしても、パパと息子と二人でお弁当箱を洗っている姿を想像したら、なんかおかしいですよね。
せいぜい二人で慰め合ってください・・・・・・・。



春。

ここ数日、春を実感する毎日です。

先日の土曜日は、マンションの「チャリティー花見」企画でした。あいにくの雨で、マンションの多目的室に集まったのですが子どもたちは、模造紙にスタンプで桜を描きとても楽しい会となりました。

実は、いろいろあって気分が落ち込み、他にも行きたい集まりもあったので、正直あまり乗り気ではなかったのですが、マンションの仲間たち、とざっくばらんに話し、またまた人との繋がりに救われたような気がします
企画してくれた皆さん、本当にありがとうございました。

そして昨日は小学校の入学式。
来賓受付の仕事に少々緊張しながらも、子どもたちを学校へ出し、洗濯をしていつもの朝の家事を済ませ、
何年振りかに真珠のネックレスをたんすの中から引っ張り出して、いざ出発!
真っ白なスーツのスカートの裾を必死で押さえながら、自転車で学校まで猛ダッシュ

上り坂を「ハアハア」と駆け上がり、学校の門にたどりつくと、6年生が一生懸命に新しい仲間を迎えるために掃除をしているのです。
そして門を開けると、満開の桜。
朝の慌ただしさも、疲れも一気に吹き飛びます。

そして、新1年生は、小さな背中に大きなランドセル。
お母さん達も着物を着たり、素敵なスーツでとても華やか。
式の最中も、校長先生の人柄からか、挨拶の時などに自然と笑いが起こる和やかな雰囲気。
私も「さーこれから1年頑張るぞ!」と新たな気持ちになりました。

sakura.jpg 
学校の校庭に落ちていた桜こっそり昨日、拾ってきました。

今日は・・・・。
計画停電の影響で、給食ではなくお弁当!
計画停電が中止になっても食材の仕入れなどの関係で給食が出来ないんですね。
初めて、家族全員のお弁当を作りました。私も今日は学校での役員活動があるので・・・。
お弁当が4つって・・・・。
最初は時間が間に合うか、おかずはなにかと焦っていましたが、そのうち考えるのが楽しくなって・・・・。

今ではお弁当作り大好き!です。

パパには「自己満足か!」と言われたことがあり、その時は正直ショックでした。
「自分がよければいいのか!」と言われているようで・・・・。
私は「家族のためだよ!」と言い返していましたが、まずは自分が楽しんで、出来ることが一番!

今日は息子が、私の作ったお弁当を見てアレンジしてくれました。
「スクランブルエッグ作る!」と言って、出発まで残り15分しかないのに、一人でスクランブルエッグを作り、ご飯の上に乗せケチャップをかけて大満足していました。

この調子で、全部作れるようになったら最高!息子自身も楽しみを感じてくれたらうれしいです。

お弁当 

最近息子の反抗期で悩んだり、もやもやしたりしていましたが、まずは私自身が変わらないといけないかなと思います。
自分が変われば相手も変わる!そう信じて、毎日の事しっかりやっていきたいですね。

4つ並んだお弁当に、「自己満足」を感じようと思っていましたが、結局6時半にパパが、7時に息子が、7時半に娘が、そしてこれから私が出発・・・・。

一つ一つ出発していくお弁当になんとなく新しいスタートの「春」を感じました・・・・。



IKEA ファブリックバック。

久しぶりに、春休みの間どこにも行かずにのんびりと過ごしました。
とっても時間に余裕があったので、IKEAファブリックバックを作りました。

本当に久しぶり・・・・。
そしてオークションに出品しました。

IKEA bag1 

明日からは学校が始まります。
子どもたちもそうですが、私も役員の活動が早速明日、8時半集合で始まります。はやっ!

いろんなことがあるけれど、新年度第1日目、良いスタートが切れるよう、子どもと一緒にしっかりと準備していきたいです。

反抗期。

計画停電も最近は実施されず、余震もだいぶおさまってきて、いつもの日常に戻ってきているような気がします。

子どもたちも7日からは学校が始まります。

娘は小学校中学年3年生。ジャンボ滑り台もOKになり、リコーダーの学習も始まり、5時間授業も増えちょっぴりお姉さん気分です。

そして、息子・・・。

一時期に比べるとだいぶ落ち着いてきて、このブログにも息子のオモシロネタが消えつつある~と嬉しくもあり、寂しくもあった去年の年末。
しかし、最近の息子ときたらプチ反抗期!

小学校では「最高学年の自覚を!」と毎日のようにプレッシャーをかけられ、中学受験をする友達や、それぞれ自分の特技を伸ばしていく友人達のなかで何かが始まったのでしょうか?

まずは、とにかく怒ってばかり・・・・。

女の子は「箸が転がっても面白い年頃」とかなんとか言いますが、今の息子は「箸が転がっても怒りたい年頃」でしょうか?

先日のお昼の事・・・。
スープを一口飲んだ息子は「熱い!!!」と言って反射的に怒り、お椀をテーブルに叩きつけ、握りこぶしでテーブルを「バン!!」

こんなことは日常茶飯事。

床に置きっぱなしのジャンバーを
「片付けなさい!」と言うと
「オレの好きなペースでやるから!!」と怒った様子。

中庭で友達と遊んでいる息子に
「買い物から帰ったよ。」と声をかけると
「・・・・・・。」
目を合わせたものの、返事も何もなし。

こちらもイライラとの格闘です。

そういえば・・・。
私もよく怒っていたっけ。
親のちょっとした事に怒り、家のゴミ箱を投げて、2階に上がったりして。
今、親となり親の気持ちが痛いほどわかります。今更反省・・・。

しかし、この息子との戦い、いつまで続くのかと思うと気が重いです。

「最高学年」にプレッシャーなのか・・・・?無意識に私が期待をしすぎているのか?

クラスに学年でも1番か2番といわれるほど優秀な子がいるそうで、書道の授業で1年間の目標を書くとき「開成合格」と書いたそう。
息子に何を書いたか聞いてみると・・・・。




「野沢菜食べる」



幼稚園か!!!!
こんな幼い息子が反抗期ともなると、こちらも冷静はなれず・・・。

この戦い!いつまで続くのやら・・・・。
とにかく毎日、笑って暮らしたいものです・・・・・。

プロフィール

nori

Author:nori
B型。1976年生まれ。
日常をぼちぼち綴っていましたが
最近は支援学級に通う娘の記録。
時々、高専に通う息子のおもしろネタ。

インテリア、ハンドメイドな日常は
ブログ「105号の部屋」へどうぞ!

Family
 きまぐれな航空エンジニアのパパ
 高専男子、青春真っ只中の息子。
 知的発達の遅れのある中学1年の娘。
 ちなみに全員B型…。
 

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
シンプルアーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。