QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静かな・・・。

みなさん、「静かな・・・」というと次の言葉は何を思い浮かべますか?

静かな街。

静かな波。

静かな教室。

発達障害のグレーゾーンの娘は比較的静かな場所が好きです。
大きな音には特に敏感で、以前は外に出るたびに、「バイクの音」「子どもの泣き声」「大きな笑い声」などにビクビクしていたものです。
最近は学校に行っているので、だいぶ慣れたようですが・・・。

それでも学校から帰ってくると、私がつけっぱなしにしているテレビを「バチッ!」と消し、開けている窓を「ビシッ!」と閉めて

「シーンとさせよう。」と言って好きな本を読みながらおやつを食べます。

私が話しかけることもなく、娘が話すこともなく、「シーン・・・・・・。」と静まりかえった空間。

まるで、1日の学校の騒音を振り払うように・・・・。

そして、しばらくすると、ポツポツと話し始めるのです。

そんな「静か」が好きな娘。

こないだ、バームクーヘンを食べて一言。

「ん~ん、静かな食感だね。」

「やわらかい」でもなく「しっとり」でもなく

「静かな食感。」

こんな使い方もあるんだ!と思わずニッコリです。 

 

スポンサーサイト

成長は止まらない。

もう梅雨入りしたのでしょうか?
曇りや雨の日が続いています。

最近、発達障害グレーゾーンの娘も学校生活が安定しています。

算数はできないけれど、友達と遊ばないけれど、マイペースに日々を過ごしています。

最近、実感すること・・・・。

「成長はとまらない!」ということです。

娘の幼稚園時期、発達相談の心理士の先生が言った言葉。

同級生との差は開いても、娘自身の成長は絶対に止まらない。

確かにその通りだな~と思います。

算数の計算は指を使っていますが、割り算のひっ算ができるようになりました。
また、漢字もかけるようになり、辞書を引くこともできます。


生活では3年生ではできなかった、髪の毛を一人で洗うことも、最近やっとですができるようになりました。
電話で話すことも、少しずつですができるようになってきました。

1年生の時、「名札がつけられない」「牛乳パックがたためない」「計算ができない」「一人で留守番できない」
とにかくできないことが心配で、本当にできるようになるのかわからず悩んでいたことが、少しずつできるようになっています。

もう4年生。
友達は部活に入り、自転車に乗り、塾に行き・・・・・。
そんな同級生とは比べられませんが、一つ一つできることをクリアし、できる喜びを感じ、楽しく過ごしている娘に
「あなたは強い!!」と感じます。

また、ちょっとしたユーモアもあり・・・。
言葉の使い方がちょっと違うのでしょうか?
以前、言葉を覚えたり、理解したりする脳の仕組みが、もしかしたらみんなとは違うのかな?と言われたことがあります。
確かに不思議なことがいっぱい。
たとえば

シャンプーをするとき、
母*「汗をかくから、おでこの上のところ、よく洗ってね。」というと
娘*「ここは、汗の出身地だね。」とか

トイレットペーパーを新しいのに取り替えたとき
娘*「少なくなってたから、トイレットペーパー植え替えしておいたよ。」など。

幼い子どもが間違えるような感じとも似ていますが、難しい言葉も使ったりしてなんだかユーモアがあるというか・・・。

思わず、笑ってしまいますよね。

そんな娘も、最近は兄のスマホからメールをするようになったんです!!
本当に驚き!!
出来ない続きの娘が、スマホでサクサクとメールしてるんです!!

最初のきっかけはパパの「帰るメール」から。
私に来た「帰ります。」のメールに「今日、娘が宿題をよく頑張ってやったよ!」などと返信していたところ、ご褒美にアイスなどを買ってきてくれたことがありました。
それから、今日のお利口な出来事をメールで返信するようになり、それを娘が自分でするようになったのです。

最初は私も一緒について、「ここを押すんだよ。」なんて、言ってたのですが、その後は「返信しておいて!」というと一人でするようになりました。

わーできるんだ!と思っていると、今度は兄のスマホから勝手にメールを送っていたのです。

パパに「飲みすぎないようにね。」とか「今日はふりかけの、せいりせいとんをしましたよ。」など。
見てるといろいろ楽しいんです。なぜか芋虫マークなどがついていて・・・・。

日常のたわいもないことを、なんだか一行日記みたいな。

昨日は私が買い物中に
「今、昼寝してさむかったから、ふとんにちゃんと入ったからね。」(キラキラマーク)とメールをくれました。

なんだか、ちょっぴり嬉しかったです。

これから、娘が何ができるようになるのか?
マット運動ができなくて、後ろ回りができず足をジタバタさせている様子をみんなに「エビじゃん!」とからかわれた娘。
そんなことにも動じず、強くたくましく、生きて、できることを増やしている娘。

後ろ回りが「えび」になっても「スマホでメールができるんだぜ!!」とたくましく生きている姿に、毎日元気をもらっています。

これからも、時代に合わせて、どんどん自分のできることをいろんな方向で見つけてほしいです。

プロフィール

Author:nori
B型。1976年生まれ。
日常をぼちぼち綴っていましたが
最近は支援学級に通う娘の記録。
時々、高専に通う息子のおもしろネタ。

インテリア、ハンドメイドな日常は
ブログ「105号の部屋」へどうぞ!

Family
 きまぐれな航空エンジニアのパパ
 高専男子、青春真っ只中の息子。
 知的発達の遅れのある中学1年の娘。
 ちなみに全員B型…。
 

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
シンプルアーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。