QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旭山動物園。

順番が前後しましたが、夏旅1日目。

旭山動物園に行きました

娘は動物園が大好きで、今まで各地で動物園巡りをしてきました。

一番小さいところでは「函館公園」の動物たち。
定番の「千葉市動物公園」に「ズーラシア」に「富士サファリパーク」、南紀白浜の「アドベンチャーワールド」、一番遠いところでは「シンガポール動物園」などなど。

それぞれに良さがあり、それぞれの楽しみ方で動物たちを楽しんできました。

今回は、あの有名な「旭山動物園。」

これだけ注目されている動物園。
期待しすぎてがっかりするパターンは嫌だったので、あまり先入観を持たず、事前情報を入れずに、訪れました。

まず駐車場。
旭川市内から動物園に入る道は一本道。
その両脇に、猿の手招きかと思うほどの民間駐車場の呼び込みの人、人、人。

そこは笑って通り過ぎ、入口目の前の無料駐車場へ。

平日だったこともあり、すんなり入れました。

お天気も良く、テンションマックスで入園です。

まず、一番気に入ったのは、看板達。
植物から動物から、何から何まで手作りで温かみのある、振り仮名付きの看板があるのです。
まるで、その植物や動物たちの本を読みながら実物を見ているような・・・。

知りたい、面白い!と思う内容が盛りだくさん。

これは今までどこにもなかった!
 
振り仮名とかわいいイラストがあることで、字が読めるようになったばかりの子どもでも、読めるんです。夏休みの自由研究なのか、ノートをもとってメモを取る子ども達をたくさん見かけました。

無題1 

DSC02686.jpg 

あとこれはなんて言うのかな?看板標識?
こちらも全部手作り。木だったり発泡スチロールだったり。
キュートで私のツボに入りました。

2012-08-31 08.29.03 

そして、肝心要の動物達。
みんな生き生きしていて、表情豊かで、素晴らしいですね。

ホッキョクグマ。
元気にかっこいい姿を見せてくれました。

DSC02719.jpg 

近くまで来て、勇ましい遠吠えを聞かせてくれました。
オオカミの森の、オオカミ!
DSC02747.jpg 

閉園時間までたっぷりと遊びました。

そして、たくさん遊んだ夜は・・・・。
もちろん旭川の居酒屋へ。

IMG_0806.jpg
混んでましたね~。とにかく激混み。
2階の座敷は家族連れから観光客、仕事帰りのサラリーマンでいっぱい。
料理も時間がかかっている様子・・・。

隣席のサラリーマン3名、なんだかちらちら目が合いますよ・・・。
料理がなかなか来ずに、手持無沙汰なんでしょう。
ほろ酔い気分でなんだか、意気投合。
「さっき、お土産はマルセイバターサンドって言ってたけど、違うな~笑」と観光談義が始まりました。
おすすめのラーメン屋から観光スポットなど、とても盛り上がり楽しい時間を過ごしました。

IMG_0798.jpg 

初、旭川。
大変、満喫いたしました。

1日目おわり。
スポンサーサイト

美瑛町 青い池。

  
前回の写真の答えは・・・・。

美瑛町の「青い池」です。


DSC02796.jpg 

毎年、実家の函館に帰省するだけの「夏旅」。
それはそれで、楽しいのですが今年はパパの提案で「旭川・札幌ツアー」をしました。

2日目に行った美瑛町の「青い池」。

我が家の旅行と言えば、フリー!が定番。
航空券、宿、観光スポット、全部ネットとガイドブックを駆使して、作り上げます。

なので、旅行会社のツアーと違って、毎回オリジナルなんです!

私きっと、旅行会社に就職できるかも・・・・

この「青い池」、たまたま美瑛町を調べていてネットに出てきました。

行く前に見た内容は「アップル社の壁紙に採用」という記事。

その時は「へ~!」とぐらいにしか思っていませんでした。

ちょっと遠いし、子ども達が池を見てもすぐに飽きて帰ろう!とか言い出すに違いない・・・。

でもパパはこういうところが大好き!よし、パパには内緒にしておこう・・・。

なんと意地悪な妻でしょう

プランを立てているのは「わ・た・し・・・」。勝手にここは行かないことにしちゃいました。

しかし、やはりそこは「世界のもっとも美しい村連合」を代表する美瑛町。

町に行けば宣伝しているのは当たりまえ。すぐにパパに「青い池」の存在がばれてしまい、早速行くことに。

正直あまり期待していませんでした。

が、行ってみてびっくり。

道路からすぐの駐車場。

きれいに整備された遊歩道。

青い池3 

白樺の木と自然の生き物たち。
青い池1 

遊歩道の先にだんだんと広く、開けてくる青い池。
青い池5 

車に忘れてしまったカメラを慌てて取りに走ります。 

「青い池」に一人興奮状態。
言葉にならない美しさ。
青い池7


しばらく歩いて行くと、ダムのようになっているところがあり下に降りて足をつけることができます。
子ども達も大喜び。

青い池4 

青い池6 

帰り道、観光客の声に耳をすませていると、去年は遊歩道も駐車場もなかったとのこと。

写真の力、ネットの力ってすごいですね。この池が世界デビューしちゃうんですから・・・。

でも、やっぱり素直に「行こう!行ってみよう!」と思う心が大事なのかも。

連れて行ってくれたパパに感謝です

今度は雪の時期にも行ってみたいものです

ブログを始めてから・・・・。

ブログを始めてから5年が経ちました。

最近ではすっかり更新が減っているものの、飽きっぽい私がこんなに続けられているなんて・・・・。

なんだか信じられません。

小学校や中学校では書くことがあまり好きではありませんでした。

夏休み、押入れを整理中に小・中・高校と成績表から思い出アルバム、文集まで一揃えされたものが出てきました。

懐かしさのあまり、片づけを忘れて夢中で読んでしまいました。

「ふ・つ・う」がぴったりの学生時代。

そういえば「なんでもいい。」「ふつう。」「どれでもいい。」とかいつも言っていたような気がします。

どの感想文や作文、一言コメントを見ても、ありきたりなことしか書いていない。

あーもう一度やり直したい・・・・。と思うほどです。

しかし、22歳で結婚して23歳で出産。

今考えれば、恐ろしいほど早い!!

信じられないほどギュッと詰まっていた20代を終えて、30代に突入後、始めたブログ。

自分の気持ちを綴りながら、日々の生活の出来事を見直す生活の良いツールになっているように思います。

これからも、ぼちぼちかもしれませんが自分の事、家族の事、面白いこと、感動したこと、悲しいこと・・・・。

いろんなことを綴っていこうと思います。

そういえばブログ第一号の記事は夏の実家への帰省旅行でした。

次は今年の夏の帰省旅行を綴りたいと思います。

今年の夏旅、最高に感動した場所・・・・。
さーここはどーこだ?
DSC02796.jpg 

箱根旅行。

やっと、6月に旅行に行った時のアルバムが完成しました

 

結婚して、函館から千葉に来た頃。

親戚も友達も近くにはいず、パパも朝から深夜まで仕事でいなかった頃。

 

そんな時に、パソコンやスクラップブックを使って、旅行日記を作っていました。

子どもが産まれてからは、離れている実家に子どもの成長を伝えたくて、家族新聞なんかも作っていました。

 

しかし、子どもが二人になり忙しくなると、写真も撮りっぱなしでデータだけがたまる一方

 

たくさん行った旅行も、あれっ、写真が3枚しかないねなんて事も

 

今年6月に行った箱根も、家族旅行で2回も行ったはずなのに、写真も数枚しかなく、記憶もあまりなく

 

なんか、悲しいですよね。

 

なので、今回は「箱根日記」作りました。

 

以前は写真屋さんでプリントしてたものも今は自宅のプリンターで必要なものを好きな大きさにプリントできます。なんて、便利!

 

あとは100円ショップのノートと箱根で大量にもらってきたパンフレットがあればオッケー。

 

切り貼りして、コメント書いて、今回は娘も一緒に作りました。

 

やっぱり、こういうの好きだな~。

夏の旅行もぜひ旅行日記、作りたいものです。

IMG_0690.jpg 

IMG_0695.jpg

夏休みの憂鬱。

夏休み真っ只中。

暑い、暑い、毎日が続いています。

今も首に保冷剤、巻き巻き中!

夏休みになれば、子どもが家にいます。

去年は息子は小学生。サッカー部に入っていたので部活の練習や試合であっちこっちに飛び回り、家にいる時間は朝と夜だけでした。

しかし、現在、部活も中学校に入り卓球部となり激減。

そうなんです。

息子と娘、2人揃って家にいる時間が長すぎるのです・・・・。


どこの家庭でも子ども達のけんかにイライラなんて話はよく聞きますが、本当にイライラしちゃうんです。

そして、大人にはわからない子どもワールド。

「ラジタイ行ってくる!」

「ワンピ見るね。」

「ペトパラ行きたい!」


意味不明な言葉連発です。

ラジタイ⇒ラジオ体操
ワンピ⇒アニメのワンピース
ペトパラ⇒ペットパラダイス

もうなんでも略せば良いってもんじゃありませんよね。

こんな言葉が飛び交いながら、兄弟仲良くしてみたり、けんかしてみたり。
大人しく勉強してるかと思えば「デンジャラスじーさん」の漫画を描きまくり。
下品な言葉を連発して大笑い。

あー子どもってこんなものか??

小さいときは、一緒に外遊び。おやつ作り。昼寝。ぬりえ。絵本。
ずっと一緒でもそんなにイライラしたかな?
あの時が懐かしい・・・。

今は、アーいえば、コーいうし。

しまいには、暑くて薄着している私を見て「お母さん、腕とおなかに肉ついてきたね。」と息子。

って、なんだそれは

暇になると、食べるか寝るかしてしまう娘。

あーまだまだ続く夏休み。
「憂鬱」と闘いながら、楽しい夏休みはまだまだ続く・・・・。
プロフィール

nori

Author:nori
B型。1976年生まれ。
日常をぼちぼち綴っていましたが
最近は支援学級に通う娘の記録。
時々、高専に通う息子のおもしろネタ。

インテリア、ハンドメイドな日常は
ブログ「105号の部屋」へどうぞ!

Family
 きまぐれな航空エンジニアのパパ
 高専男子、青春真っ只中の息子。
 知的発達の遅れのある中学1年の娘。
 ちなみに全員B型…。
 

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
シンプルアーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。