QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何に謝っているのでしょうか?

「ごめんなさい・・・・。」と反省しているように見えませんか?

いったい何に謝っているのでしょうか?

こんなユーモアある一品が机の隅にあったらなんだかデスクワークもはかどりそう!!

って、いったい何をする道具でしょう?



気になる方は頭のところでもポチッとどうぞ(^^)
スポンサーサイト

中学1年 反抗期。

娘の事に思いを巡らせていた、ここ何日間・・・・。

中学一年男子!まだ身長130cm台で30kg台の中一男子!

やってくれちゃいました・・・・。

火曜日の朝、娘のリクエストでこんなテンションの上がる朝ごはんを作ったんです。
2012-09-25 06.52.10 
息子は部活の朝練もなく、ゆっくり朝食を食べ、「こんな食べやすい朝ごはんにしてくれてありがとう!」とうれしい言葉。

いつも、小さくて細い息子にはたくさん食べてもらいたくて、ごはん、味噌汁、おかずと作るのですが、それがどうやら負担らしく、いつも朝からこんなに食べられないと格闘しているんです・・・・。

小さい時から食が細く、「食べなくても遊ぶ」がモットーで、いくら言っても食べず、その細い体にいつも心配していました。

小さいことが親子ともどもプチコンプレックスで・・・・。

「もっと食べなさい!」「食べられないものは食べられないの!」と何度となく戦ってきました。

そんな息子がミッキーワッフルにご機嫌で朝ごはんを食べ、気持ちよく学校へ行った、その日の夜。
部活で疲れておなかを空かせて帰ってきました。

部活で頑張って帰ってくるのだから、手作りのご飯をと思い、ネットでレシピを調べ、鳥そぼろ丼を作りました。
「よし!このひき肉はいつもよりいいお肉だし、味付けもしっかりしたし、ばっちり!きっと喜んで食べるはず!」

と思いきや・・・・。

帰ってくるなり「ごはん何?えっ!鳥そぼろヤダ、ヤダ、絶対ヤダ!」と赤ん坊みたいに駄々をこね、最後まで鳥そぼろを食べず、卵そぼろごはんで終わったんです。

「出されたものに文句をつけない!」となんども言っているのに・・・・。
怒りと悲しみ・・・・、でもやっぱり怒り、怒り、怒り!!!腹が立ってしょうがない気持ちをなんとかおさめて、次の日の朝を迎えました。

そして、食べやすい朝食を!と思い、すしの子とサケフレークを混ぜたおにぎりを出したところ、ぎりぎりに起きてきた息子は「ヤダ!ヤダ!おにぎりヤダ!ほんとにおにぎりヤダ!」と赤ん坊みたいに駄々をこねたのです・・・・。

怒り爆発の私は大声で怒鳴りました!!!

すると・・・・。

その日は休みだったんです・・・。パパが・・・・。
寝室から飛び出してきたパパが、「もう何も食べなくていい!」と大激怒!

しかもその日はたまたま給食がなく午前授業の日。

昼も食べず、夜も食べず、結局、丸一日、息子は何も食べず、水のみで過ごしたのです・・・・。

その間、私とパパも意見の食い違いで言い合いが止まらないし・・・・。

バトルな日々・・・・。散々な一日でした・・・・。

反抗期の子どもは本当に大変。

以前PTAの講演会で聞きましたが、「母親は産みの苦しみと、反抗期の苦しみと2回苦しみを乗り越えないといけない。」と。

うちの息子は昔から、何かと反抗するタイプでしたが、中学生ともなるとやっぱり難しい・・・。

いろいろと考えてしまいますよね。う~苦しい!!息子の産みの苦しみは割と短く2,3時間でポ~ンと産まれたので、反抗期の苦しみが人一倍なのか?!(笑)

まだまだ中学一年、あと何年たったら落ち着くのでしょうか?

どんどん身長が伸び、足のサイズが27cmとかいう同級生を見るたびに、「あ~あ!」と思ってしまう今日この頃です・・・・。



こんな言葉に・・・。

今日の朝刊。

こんな言葉に励まされます。

2012-09-21 10.15.41 

娘は現在小学校4年生。
小学校入学前までは発達センターで定期的に相談をしていました。

心理士さんの丁寧な言葉。
表面的な事実に惑わされない、統計や実体験に基づく的確なアドバイス。

どんなに励まされたことでしょう。

今、発達の事を相談するのは学校の担任の先生との連絡ノートだけです。

自分で申し込むと、市の相談センターに行って相談をすることができます。
が、時間に追われている相談センターの先生たちは「まだまだ、いいほうですよ。もっと大変な子はたくさんいるんですから。」と言って終わってしまう。

難しい現実。

ふと、「娘の発達障害はやっぱり私のせい?」と思ってしまう・・・・。

パパからも、いつも「自分だけのせいにするな。」とか「自分ばかり一生懸命になりすぎるな。」と言われますが、ついつい考えてしまいますよね。

娘に今、自分がこんな言葉をかけたら・・・・。
こんな勉強をさせたら・・・・・・。
こんなことを教えたら・・・・・。

発達障害が治るんじゃないか?って。

そう思えば思うほど、親のせい?って思うときもあるんです。

なので、今日の朝刊のこの言葉にハッとさせられます。

「発達障害 親のせいじゃない」

そういえば、息子が生まれたときの保健婦さんも言っていました。
「愛がある子育てに間違いはない」って。

どんな子であろうと、愛があれば大丈夫!

に違いない・・・・。はず・・・・。

でもでも、やっぱり思春期の息子と発達障害グレーゾーンの娘の子育てには悩みは尽きないものです。

とにかくしばらくは「自分のせい」と思わず、「愛」をテーマに進んでいきたいですね。

食洗機と段ボール。

つい先日、だましだまし使っていた食洗機を思い切って買い換えました。

何年も使った年代物。

最初は「食洗機なんて贅沢もの!」、「手で洗えばいいんでしょ!」と子どもが小さくても言い切っていた私。

自分が子どもの頃、家族みんなで食べた後の夕食の片づけは、おばあちゃんとよくしたものです。

食器を水につけて、洗って、すすいで、小さいお茶碗から順番に重ね、やかんの熱いお湯を注ぐ。

しばらくして、拭いて食器棚にしまって・・・・・。

中学生ぐらいからは、めんどくさいだとか文句も言いながら、みんなでやっていたものです。

そんな思い出もどこへやら・・・・。

結婚して、今のマンションに引っ越してきたとき、あちらの家も、こちらの家も食洗機があると聞き、驚いたものです。

そんな時代か・・・。と。

そして時代の流れと共に、うちに食洗機がやってきてからというもの、夕食後はテレビ。

のんびりテレビ。

ついついのんびりしすぎたり・・・・。

確かに家族だんらんの時間も増え、朝はやりたい事がたくさんできるようになりました。

そんな食洗機の調子が悪くなってからというもの、ビルトインにするか、同じものを買い換えるか、はたまた食洗機なしで手で洗うか!

しばらく迷った挙句、同じような食洗機を購入。
新しいものはやっぱりいいですね。音も静かで汚れがピカピカに落ちている。

食洗機が新しくなったおかげで、キッチンも大掃除!!気持ちも明るくなりました。


そして、新しい物を買うといえば、段ボール!
以前も家具を買った時の段ボールで子どもたちが遊んでいました。
エアコンの段ボールもかなり遊んでましたね。

今回はというと・・・。こんな感じです・・・。
まさかの中学生の息子作!「みんなの家」。
窓、ドア、ライト、看板つきです・・・・。小学生の時から進歩したのは、段ボールを切るとき定規を使って線を引くようになった事です。って幼すぎるでしょ!!

2012-09-19 14.28.16 
しばらく「みんなの家」で楽しめそうです♪

仮装ポチ袋。

ちょっとおもしろい物を発見!



「仮装ポチ袋」。









さあ、実際にお札を入れるとどうなるのでしょう・・・・。



オペラ座の怪人のファントムの仮装 【 ファントム諭吉】

仮面舞踏会に現れた貴婦人     【マダム一葉】

怪傑ゾロ(マスクオブゾロ)の仮装  【怪傑野口】



ご覧になりたい方はポチッとどうぞ!



お正月でもないのに、誰かにお年玉をあげたくなります

発達障害 グレーゾーン 算数支援。

久しぶりに娘の発達の事を書きたいと思います。

そういえば、娘も4年生になりましたが具体的な事をブログにアップしてなかったな~と、ふと思いました。

なので、今までの支援方法がざっくりとしか記憶にないのです

やはりこれからの為にも、どんなふうに一歩一歩前に進んでいったのか、記録しようと思います。

まずは「位取り表」。

娘は特に算数の学習障害があるのでは?と言われるほど、数に関する感覚が特殊です。

それでも小学校1年の時の担任の先生のきめ細やかな指導により、足し算、引き算を習得することができました。

しかし、それも目で見える形で考えるのがやっと。

「35+46」など暗算ではできず、もちろんこの横の式の状態でもできません・・・・。

何でできるかというと、ひっ算の形です。

とにかく目に見えないものを推測する事がとても苦手です。

そんな娘が「千」「万」「億」「兆」なんて理解できないんです。

しか~し、コレがあれば大丈夫!!

2012-09-07 10.42.18 

「位取り表」です。

大きな数字を数える時に当てはめて使います。

また
「10000が5こ、100が3こ、10が5こあつまった数はいくつでしょう?」などの問題にも使えます。

この「算数のじかん」は私にとっても娘にとっても、救世主です。

宿題をやるうえでは・・・。


先日、娘がたくさんお手伝いをした日。
「たくさん労働したから、お金たまってるかな~。」と貯金箱を覗き込んでいました。
(お手伝いをすると自動的にお金が増えてると思っている娘・・・。)

「お手伝い」=「労働」=「お金」と思っているんです・・・。

そして貯金箱の中をひっくり返して、いくらあるか数えようとします。

しかし、頭を抱えて「わかんない、わかんない、どういう事かわかんない。」とパニック。

落ち着いて、種類別に分けようという話をして、分けてみました。

1円玉がいちま~い、にま~い、さんま~い・・・・・。
(なぜか皿屋敷怪談を思い出しながら・・・・。)

真剣に数えます。

1円玉が42枚、10円が12枚、50円が3枚、100円が3枚。

1円が42枚だから42円、10円が12枚だから120円、50円が3枚だから150円、100円が3枚だから300円。

もう、何がなんだかわからないんです。
娘は「わからない!」を連発。

そこで、紙に書いて説明。

1円玉が42枚だから1×42だよね。10円玉が12枚だから10×12だよね・・・・・。
だから、42+120+150+300で・・・・。
とこんな感じで掛け算のひっ算、足し算のひっ算をしました。

すでに1時間以上、お金と戦っています・・・・。


筆算はできても、結局これらのたくさんある硬貨をどのように位を合わせてかけて、足すのかなんて全く理解できないんです。

宿題でやった数の位の感覚、実際のお金の位の感覚。結びつかないんですよね・・・。
今でも、一人でおつかいには行けないし・・・・。
お釣りをもらうという事も、説明してもよくわかっていません。


なので最近はスーパーで物の値段を読ませています。

4年生でそこからかい!!!

って、そうなんです。

やっと最近、千の位も読めるようになってきました。

そんな娘、宿題で「位取り表」を使って大きな数を書いていた時のこと。
「いち、じゅう、ひゃく、せん、まん、じゅうまん、ひゃくまん、せんまん、いちおく!!!
こんなにお金があったら、お嬢様で毎日ステーキが食べられて、馬車でディズニーランドに行けるね!」と。

少しずつですが大きい数、大きいお金というのが感覚でわかってきたようですね

日々の積み重ねが大事。

娘と向き合う時間には心の余裕も、時間もたっぷり必要です。

しかし、グレーゾーンの娘だからこそ、気づけたこと、たくさんあると思います。

今日も、娘と一緒に宿題、何が出るか楽しみです

札幌観光 珍道中。

夏旅3日目。
あいにくの雨。

でもこの日は行くところが決まっていたので大丈夫。
白い恋人パーク」です。

15年ぐらい前でしょうか?
姉と札幌旅行に訪れた思い出の場所。

最近、姉も子どもたちを連れて行ったとか。

白い恋人の工場見学や、お菓子作り体験、ショップにカフェ、とても楽しみにしていました。

きっと子ども達も喜ぶはず!

パークに近づくにつれて、お城のような外観や遊園地のような鉄道も見えてきて、テンションも上がります。
思っていた以上に広く、外でも遊べそう!

DSC02889.jpg 

しかしまずはともあれ、工場見学・・・。

IMG_0889.jpg 

実際の工場にたどり着くまで、チョコレートに関する美術品や歴史に関するものが展示されています。
お城のような建物に、夢のようなチョコレートの歴史。

我が家の女子二人はテンションマックス!

その頃、男子二人は・・・・・。

なんだか飽きている様子。

すると・・・・。勃発です。

我が家の名物「けんか」です。

男二人が分かれ道で、「こっちだろ。」「こっちでしょ。」「いやこっちに決まってる。」「こっちだってば。」「なんで俺の言うこと聞かないんだ。」「どうして僕の言うこと信じてくれないの。」

オレオレ詐欺ならぬ、オレオレ主義!!

なんですか~!!!!この喧嘩。

ちょっと覗いてみたところ道の先は、どうやら同じ場所につながっているよう。

「夢のチョコレート工場で何やってんじゃ!コラ!!!」と言いたいところをグッと我慢し、仲裁に入ろうとしましたが、私も悲しい思いと怒りに震え、何も言えず・・・。

すると息子が逃亡

娘は泣き出し・・・・。

パパに折れてもらうわけにはいかないので、私が息子に電話し戻ってくるように説得。

しかし、怒りが頂点に達しているようで、戻ってくる気配なし。

私も怒りマックス。「私の夢のチョコレート工場で何やってくれてんのよ!」と持っていた携帯電話を素敵な出窓の棚に「バンッ!!」とやってしまったんです・・・・・。

画面真っ黒。電源入らず・・・・・。

慌ててももう遅い。携帯のことなんてどうでもいい、早くこの状態を何とかして~。
息子よ札幌の地でいずこへ~!!

その時、娘が、「お兄ちゃんは家族の一員だよ。おいていかないで~。」と。

パパもハッと我に返ったんでしょう。
しかし自分から折れるわけにもいかず・・・・。

娘に電話させます。
娘は泣きながら優しい言葉で語りかけます。素直な本当の気持ちを。飾らない言葉で。
「お兄ちゃん、戻ってきて。一緒に行こう。家族の一員なんだから。」

素直な気持ちが息子の胸に直球。

しばらくして、戻ってきた息子。

誰の気持ちも晴れぬまま、チョコレート工場のメインコーナー、白い恋人の製造ラインへ突入

ほとんど見てません
覚えてません
何でこんなことになるんだ、楽しい旅行で、どうして・・・・。
携帯電話が真っ黒・・・・・。どうしよう・・・・・。
また怒られる・・・・・。

そして出口の素敵なカフェに到着。
娘には悪かったな~と思ったので好きなケーキを食べさせ、気持ちを落ち着けます。

IMG_0898.jpg 

皆が落ち着いたところで、「携帯が真っ黒で電源が入らないんだけど・・・。」

またまた険悪。

あきれながらも心配したパパは自分の携帯で何やら検索。
私の携帯を取り上げ、「行ってくる・・・・」。
今度はパパが逃亡・・・・・。
いやいや、偶然にも白い恋人パークから歩いて10分ほどの場所にソフトバンクショップがあることが判明。
私の携帯を直しにショップへダッシュ。

しばらくして、戻ってくると。
「リセットボタン、知ってるだろ。」と一言。

そうです、iPhoneの「リセット」。スリープボタンとホームボタンの同時長押し。
これで解決です。

やった事あります。っていうか、つい最近友達も画面が黒くなって故障と思ったら「リセット」で直ったという事件を聞いたばかり。

画面が黒くなったら「リセット」。
なんで思いつかなかったんだろう・・・・。
一時的な衝撃で動かなくなったんだとか。

そんなこんなで私が原因でパパをソフトバンクショップまで走らせてしまったのです。

あー。夢のチョコレート工場で何をやっているのか!!
情けない気持ちと、怒り、半分笑い、諦め、開き直り・・・・・、いろんな気持ちを封じ込め、とりあえず一件落着!

気を取り直してその先のおもちゃミュージアム、お土産ショップへレッツゴー!

IMG_0902.jpg 
IMG_0907.jpg 

お土産を買い終えて、帰るころには、何もなかったかのような我が家族。

「さーラーメン行こう!!」

IMG_0917.jpg 

「すみれ」札幌本店で味噌ラーメン。

IMG_0922.jpg 

スープを全部飲みほして、ラーメンのおいしさと共に、いろんな事が起こるわが家族にも感謝の気持ちを持って札幌の旅を締めました。

家族ってこんなものなんでしょうかね。怒って泣いて笑って・・・・。

そしてこんなどうしようもないお土産話を持って、実家の函館へ。

3日間、旭川・札幌と楽しい旅でした。

夏旅、終わり。

美瑛町 木のいいなかま。

 9月に入って、朝晩少し涼しくなりましたがまだまだ「夏旅」の記録、続きます

二日目のお昼。

「青い池」の後に訪れたのがここ、caferest「木のいいなかま」。

IMG_08541.jpg 

青い池で遊びすぎたので、すっかり12時を過ぎたらこんな感じで混んでました。
が、ちょうど11時半オープンで到着したのが12時半頃。
食べ終えた人が次々と出てきたので待ち時間は10分ほどでした。

勢い余って、名物の「坊ちゃんかぼちゃのクリームシチュー」のMではなくLサイズを注文。
IMG_0549.jpg 

見た目もパーフェクトで、テンション上がります。

その他にも「たっぷりコーンピザ」も注文。
IMG_0863.jpg    

娘の希望で、チキンドリアまで!
もうおなか満腹です!
やっぱり、Mサイズでもよかったね・・・
と、小さくなった胃に年を感じながらも、おいしいお料理を堪能。

かぼちゃのシチューは個数限定らしく、私たちの注文で最後だったようです。

野菜は全部自家製で自然の甘みたっぷり。とってもおいしかったです。

食事を終えてからは、美瑛町の自然を満喫しました。

DSC02860.jpg 
アルパカ牧場。
白・黒・茶色

IMG_0847.jpg 
哲学の木。

IMG_0540.jpg 
展望花畑「色彩の丘」。

美瑛町、たっぷり堪能いたしました。
そして一路、札幌へ。

札幌では大通り公園、時計台など定番観光スポットを周り、2日目終了。

2012-09-03 08.52.35 

3日目へ続く・・・・。
プロフィール

Author:nori
B型。1976年生まれ。
日常をぼちぼち綴っていましたが
最近は支援学級に通う娘の記録。
時々、高専に通う息子のおもしろネタ。

インテリア、ハンドメイドな日常は
ブログ「105号の部屋」へどうぞ!

Family
 きまぐれな航空エンジニアのパパ
 高専男子、青春真っ只中の息子。
 知的発達の遅れのある中学1年の娘。
 ちなみに全員B型…。
 

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
シンプルアーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。