QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仲洞爺キャンプ場。

8月6日、泊まるキャンプ場は今年サミットが行われた洞爺湖236

仲洞爺キャンプ場」です。

ここは、前の日に行った八雲のキャンプ場とは違い、受付はあるもののとても自然でワイルドでした。

八雲から車で1時間半ぐらい、娘は疲れて寝ていました。

その間、前日のキャンプで夜がとても寒かったので途中で寝袋を買い足しました229昼間は暑くても、夜はあなどれないですね。さすが北海道。

昼食は長万部の有名な「かにめし弁当」。小さい頃はよく食べましたね。とても懐かしかったです。

洞爺湖1 

キャンプ場に着くなり、子供たちは湖へGO!

湖に面している本当に自然のキャンプ場なので、この写真のすぐ後ろにテントを張っています。子供はやはり水があるところは好きですね。いつまでも遊んでいました237

洞爺湖2 

すぐ向かいには「来夢人(きむんど)の家」という温泉があります。

キャンプのイメージはお風呂に入れない!なんて思っていたのですが、だいたいキャンプ場のそばには温泉があるのですね236子供達も大喜びです。

夜ごはんはもちろんBBQ。火起こしも慣れてきて手早く準備。

ただあまり、メニューのバリエーションを考えてはいなかった事を反省229前日とほぼ同じメニューです。アウトドア料理研究の必要ありですね。

夕焼けの写真に写っている湖の中央にあるのが中島。このキャンプ場から中島の向こうの湖畔は北海道の中でも有名な温泉街。観光ホテルが立ち並んでいる観光地です。ロングラン花火が有名。春から秋まで約半年近くものあいだ、毎日20分の間、花火が上がります。

私が子供のころから変わらないこの花火!温泉街のホテルに泊まると、部屋からのんびり眺められるんですよね。

その花火を今度は対岸からキャンプ場で見ることに・・・。楽しみに、楽しみに待って見た花火・・・。

さすがに小さかったです・・・。でも満天の星空と小さく見える中島の横の花火。小さく遅れて聞こえてくる音。普段では味わえない静かな花火大会でした。

そしてまた、終わってすぐに横にあるテントで寝る幸せ。丸2日、ここまで屋外で過ごすと、なんだか普通の生活を忘れますね。テントを張って、遊んで、晩ご飯も一から作って、で片づけてって疲れるわりにはイベントだから楽しい237

テレビもなく、パソコンもなく、新聞読むこともなく、宿題やりなさいっていうこともなく、お風呂掃除することもなく、知り合いにばったり会うこともなく、たまーに隣のテントに子供がいると子供同士はなしたりするくらい・・・・。気になることは何もなし。

そして自然がたくさん。これぞ夏休みですね。

いろいろ家族の中で、親が子供を怒ったり、パパがママを怒ったり、娘が息子に怒られたりといろいろありましたが、家族にとってはいい経験かなーと思います。あーもーやだ!と思っても、夕陽を見て反省したり・・・・。とにかく家族が一つにならなければ、何もできないのですから。

こうやって自分も家族も成長していくのかなーと思ったり・・・・。

今年のキャンプ計画、2泊3日にするかそれとも3泊4日にするか、決めておらず3日目の朝に決める予定にしていました。さー、私たちは3泊目をすることになるのでしょうか?

次もお楽しみに236

非公開コメント

プロフィール

nori

Author:nori
B型。1976年生まれ。
日常をぼちぼち綴っていましたが
最近は支援学級に通う娘の記録。
時々、高専に通う息子のおもしろネタ。

インテリア、ハンドメイドな日常は
ブログ「105号の部屋」へどうぞ!

Family
 きまぐれな航空エンジニアのパパ
 高専男子、青春真っ只中の息子。
 知的発達の遅れのある中学1年の娘。
 ちなみに全員B型…。
 

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
シンプルアーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。