QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水辺の里財田キャンプ場。

仲洞爺キャンプ場で目覚めた朝189

白鳥が森の中を歩いてくるではありませんか?びっくり!

仲洞爺 

息子は大喜びで後を追いかけます・・・・。

でも手に持っているのはなんと石282悪です229

こんな自然体験ができるのもキャンプ場にいるから、と3泊めをすることを決定189

次のキャンプ場は仲洞爺キャンプ場から車で30分ぐらい、同じく洞爺湖の湖畔にある「水辺の里財田キャンプ場」。

1泊めのオートリゾート八雲ととても似ている形態の、すべて揃ったきれい系の豪華キャンプ場。駐車場はゲートになっていて、ばっちり駐車料金1日700円。受付の他、シャワー、洗濯機も完備。3日目のちょっと疲れた私たちにはぴったりだったかも。

ここでは、フリーテントサイトではなくちょっと贅沢にオープンサイトにしました236

広々とした芝生に車で入ることができ、区画が長方形に区切られているサイトです。右隣のご夫婦からは丁寧にご挨拶を受け、トウモロコシのおすそわけも。左となりの家族はうちと家族構成が同じで、息子と娘はすぐにお友達に。トンボとりなどを一緒にしました189

財田1 

夕方、早めの晩御飯準備をしている間、息子はずっと湖で魚とり1

網一つで10匹ほどの小魚を捕まえてきました。「食べれたらいいのに~。」と言いながら最後は湖に返しました。

この魚とりをしている時、とても親しげに話しかけてくれた小学校高学年の兄弟がいました。息子とその兄弟はとても仲良くなり、いろいろ話していました。その兄弟のテントは私たちとは少し離れたプライベートテントサイトだったようですが、なんとペットのウサギを2匹連れてのキャンプ旅。「後でウサギをみにきていいよ~。」という兄弟の言葉に甘えて、娘も連れて見に行きました。

大きなウサギのゲージをテントの前におき、ウサギも家族の一員という感じにBBQを楽しんでいる横でおいしそうに草を食べていました。

キャンプにもいろんな形があるのだなーと妙に感心しました236

そして最後の夜は、楽しいBBQもあっという間に終わり、疲れたのか子供たちも花火をやらずに早々と寝てしまい、あっという間に終わって行きました。

次の朝、ホテルなみに11時チェックアウトという時間制限のなか、湖畔をゆっくり散策して、テントをお片付け。これでしばらくはキャンプ場に来ることもないんだろーなーと思うと、なんとなく寂しくもあり、でもでもやっと今日の夜からは布団で寝られるという気持ちもあり、なんとも複雑な気持ちでした228

実家の函館までの道のりの途中、洞爺湖のお約束でもある「わかさいも本舗」に寄り、大量のお土産を買いながら、またまた「帰るんだなー。」というなんとも言えない気持ちになりました。

去年の夏休みはキャンプ1泊、そして今年突然3泊189さー来年の夏休みはどうなるのでしょうか?

私的にはグアムとか、バリ島とか、海外逃亡もありかと思ってるんですがね~237

いずれにせよこうやって家族を夏休みの旅行に連れてきてくれるパパ様に感謝しましょう228人間、感謝する心が大切ですよね。

今年の夏の北海道キャンプ記はパパへの感謝の気持ちで締めにします。これで終わり236

非公開コメント

プロフィール

nori

Author:nori
B型。1976年生まれ。
日常をぼちぼち綴っていましたが
最近は支援学級に通う娘の記録。
時々、高専に通う息子のおもしろネタ。

インテリア、ハンドメイドな日常は
ブログ「105号の部屋」へどうぞ!

Family
 きまぐれな航空エンジニアのパパ
 高専男子、青春真っ只中の息子。
 知的発達の遅れのある中学1年の娘。
 ちなみに全員B型…。
 

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
シンプルアーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。