QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動会で・・・。

21日、小学校の運動会がありました189

今年は徒競争ではなく障害物レース。

息子は走るのがあまり速くないことにかなりのコンプレックスを持っている様子。いつも鬼ごっこなどでは標的になっているのです。半べそかいて帰ってくることもよくあること。

そんな息子が目を輝かせて「今年は障害物競争だから、ビリにはならないよ179チャンスだ!」とかなりの意気込み!

そして学校での練習があった日「3位以内に入ったらゲームソフトを買って!」とお願いしてきたのです。

息子の走るチームにはリレーの選手が二人。なので3位には組み込める!という予想。

しかしそんな弱気なことを言っていてはいけません。

「1位じゃないとだめだよ!がんばって!」と言いました。

そして運動会当日!ほとんどの親はゴールでシャッターチャンスをねらっているところ、私たちはスタートからゴールまでの中間地点、網くぐりのすぐ横にスタンバイ!ここなら応援の声が絶対に聞こえるはず!!

スタート前から気合い十分の息子。いち早くスタートのポーズを決め待機。合図とともにダッシュ!ここではやはりビリ229

でもでもいいのです。ちゃんと考えがあるのです。先に網に入った子供の後ろにつけてスルーっと通り抜ける作戦です。

私もパパと一緒に「がんばれー。」と大きな声で叫びます。

そして、ビニールプールの中に山のように入っている破いた新聞紙。そのなかからスーパーボールを捜す宝探し。

いっせいに皆がしゃがんで、ボールを捜します。

ここで第二作戦!!!名づけて「ロックオン作戦」、みんなは新聞紙を掘ってかきだしてボールを捜しているので、小さなボールは新聞紙の底に潜っていくのです。息子はその様子からちらっと見えるボールの位置を確認、そして「ロックオン!」ボールめがけてズボっと手を入れるのです。見事命中!!

みんながごそごそとボールを捜しているのをあとに、ゴールへ猛ダッシュ!

運よく、みなはまだまだボールを捜している様子!見事ぶっちぎりで1位189

そして、ゴールのまわりでは、いつも足が遅くて半べそかいている様子を知っている同じマンションの親たちから大歓声が上がったとか・・・。「あの足の遅い子が・・・・。やった!やった!」と。

本人も初めての1位に大感激。やはりクラスのみんなからは「チョー意外だ!」と言われたそう229

でもこの1位がとても自信につながったようです。

やはり低学年の男の子にとって足が速いこと、力が強いことは人気者の条件。リレーの選手にえらばれたりなんかしたらヒーローです。

絵がうまいとか勉強ができるとか、そういう個性で判断されるのはもうちょっと高学年になってからのような気がします。

何か本で読んだことがあるのですが「運動会」は身体能力の差がはっきりと保護者や生徒たちみなに見せつけられる場所。なので差別になってしまうこともある。1・2・3位など順位を決めず、全員に参加賞という形をとっている学校もある。という内容でした。

でも、足が遅くて悔し思いをするのも一つの経験。悔しくてその分努力して伸びていく方向だってあり、運動は苦手だからと違う面をがんばるのも良し。

とにかく、いろんな思いを経験することが大事なのではないでしょうか?そしてどのように対処していくか?

これから先もいろんな経験をすることでしょう。でも今回の運動会の「1位」は息子の中で自分の誇れるもののひとつとして支えになってくれると思います。

さ~次は秋のマラソン大会が待ってます。どれだけ頑張れるかな。楽しみです!

非公開コメント

プロフィール

nori

Author:nori
B型。1976年生まれ。
日常をぼちぼち綴っていましたが
最近は支援学級に通う娘の記録。
時々、高専に通う息子のおもしろネタ。

インテリア、ハンドメイドな日常は
ブログ「105号の部屋」へどうぞ!

Family
 きまぐれな航空エンジニアのパパ
 高専男子、青春真っ只中の息子。
 知的発達の遅れのある中学1年の娘。
 ちなみに全員B型…。
 

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
シンプルアーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。