QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発達相談。

すっかり年末。というか、今年もあと2日となりましたね228

ハードスケジュール(遊びばかり229)が続いていた毎日でブログもすっかり更新できず・・・229

今年のうちに、娘のことを書いておこうと思います228

娘は現在6歳。来年小学校1年生になります。現在までの経緯はこんな感じです。

①2003年、1歳になるころ、つかまり立ちやハイハイができないことが気にかかる。

②名前を呼んでも反応がおそかったり、なかったりすることが気にかかる。

③1歳児検診に行って相談してみるものの、1歳半まで様子を見るように言われる。

④1歳半を過ぎても歩けず、やっとつかまり立ちの状態。

⑤1歳半ぐらいの基準である項目(コップで水が飲めるなど)の8割ができない状態。

⑥自己判断で自閉症などを疑う。

⑦市の1歳半検診でも相談してみるが「様子を見ましょう」しか言われないので病院の発達検診に言ってみるがそこでもまだ小さいので「様子を見ましょう」といわれる。

⑧様子を見ながらというものの毎日の生活の中で、どうしようもないあせり、不安、悲しみ、苦しみ、迷い・・・・まさに戦い続けた2年間。

⑨市の3歳児検診でこのままではいけないと思い、詳しい発達テストを希望して受けるが結論は「まだ小さいので様子を見ましょう。」と言われる。

⑩2006年、もっと詳しく、娘のことが知りたいと希望し市の「発達相談センター」で専門の心理士さんとの相談をスタートさせる。

⑪1か月に1回ぐらいのペースで相談をはじめ、娘の状態が少しづつ明らかになっていく。

⑫相談を進めていく中で、娘が実年齢の70%ぐらいの能力であることがわかり、ひとつひとつ対応を考え始める。

⑬しかし、いろいろ調べていくうちに発達にばらつきがあり、非常にすぐれた能力があったり、そうかと思えば実年齢よりはるかに低い能力があったりと娘の得意なこと、苦手なものがわかってくる。

⑭娘の状態を把握することにより、娘にはどんな手助けが必要で、どんなことを補っていかなくてはならないかがわかる。また世の中にたくさん研究されてきている発達の遅れについての情報を本やインターネットなどで勉強するようになる。

⑮発達の遅れについて知れば知るほど、娘に確実にはっきりとまわりにわかる「診断名」を望むようになる。

⑯発達センターを通して、専門のお医者さんの診断を受ける。

⑰受ける日にちが決まり、その日が迫る中で頭のなかでは「アスペルガー症候群」ではないかと勝手に想像。(勝手に診断するな180とこれにはパパにかなり叱られましたが・・・・・229

⑱診断を受けてがく然とする。診断名の欄には「境界域の発達を示す」と書かれる。いわゆる発達障害の「グレーゾーン」にいるということ。

⑲「グレーゾーン」という言葉をひたすら調べる。

⑳現在の娘の状況を受けいれ、特別学級のある学校ではなく、兄の通う地元の学校に通うことを決める。そして入学してみてそれから、ぶつかった困難をひとつひとつ解決していこうと決める。

娘が生まれて6年間。本当にたくさんのことがありましたね。

今、たくさんの人に支えられて「あきらめること」ではなく「受け入れること」を知りました。

いろんなことがあったけれど、家族のささえがあり、友人がたくさんいて、愚痴を言ったりアドバイスをもらったり、泣いたり、怒ったり、おなかが壊れそうなほどに笑ったり・・・・。

孤独ではなかったことが、娘にとって私にとって、そして家族にとって本当に良かったことだと思います。

来年も何があるかわかりませんが、娘のような発達に遅れがある人がともに生活しているということにたくさん気づいていもらえるよう、そしてみんながさりげなく手助けできるそんな状態を少しでも作っていけたらと思います228

我が家は、私も子供たちも、F&H家、みんなが大好きさ!!

子供の悩みは、私も同じく尽きないけど。。。!
一緒に頑張ろう!

新学期が始まったら、ランチでも行こうね♪

これからも、よろしくね*^-^*

お互いなんだか忙しくてなかなかランチ行けなかったり話す機会もないよねi-236でもいつもブログ見てるよi-179子供達も中庭で会うと挨拶してくれるしi-189今年もよろしくねi-228

はじめまして。7月の始めに医師から「グレーゾーン」
と診断を受けた中3の女子です。
診断を受けてからネットで「グレーゾーン」について調べていたときに、このブログが目に入りました。
私は「障害をハッキリさせてほしい!」「こんなに世の中でやりづらさを感じているのに、何かないわけがない!」というように、自分は発達障害だと決め付けていた節があったので、診断を受けたときは非常にがっかりしました。「どうせならハッキリしてほしかった」と思いました。
娘さんのご様子をこのブログで見させて頂いて、小さい頃の自分にあてはまるところがかなりあったので、勢い余ってコメントさせて頂きました。
これからもこのブログを見させて頂くと思います。
長文、駄文失礼致しました!

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

「グレーゾーン」という同じ境遇の方にコメントいただけて気持ちを共感していただき
嬉しい限りです。

私だけじゃないんだ!って思えると、少しほっとすることもありますよね。

私もずっとずっと「診断ではっきりしたい」と思っていました。

先日、特別支援教育コーディネーターの先生と面談した時に診断についての話を聞きました。
診断は本人にが自分を理解しやすくするためのもの、親が理解しやすくするためのもの
また周囲に説明しやすくするためのも、そんな名前にしか過ぎないと・・・・。

結局診断がついたからといって、次の日から何かがガラッと変わるものでもないし、本人は本人で何も変わりがないと。

なるほど!と思いました。

こんななるほど!や娘の様子など、たくさんの人に知ってもらえればと思ってブログを続けています。

「発達」のカテゴリーでまとめているので、ぜひまた遊びに来てくださいね。

ベビチッチさんのお子さんは中学校3年生、うちよりずっと先輩です。
きっとたくさんの経験をされてきたのでしょうね。
ぜひいろいろ教えてくださいね。






追記

度々失礼いたします。自分の初めてのコメントに、返信を頂けてとてもうれしいです。
noriさんから頂いたコメントを見させて頂いて、追記をさせて頂きたいな~と思い、再びコメントを書かせて頂きました。
7月9日のコメントと、このコメントを書いたのは、「グレーゾーン」の診断を受けた中3女子本人で、その親ではありません。
説明不足のコメントを書いてしまって本当に申し訳ありませんでした(汗)
これからもよろしくお願い致します!

Re: 追記

ごめんなさい(>_<)

勝手に勘違いしてしまい、本当にごめんなさい。

「中3女子です」と書いてありましたね。

私の中で、中3の女の子がこんな素晴らしい文でこんなに内容を的確に書けるなんて思ってもいなかったのです。

てっきりお母様かと思ってしまいました。
すみません。決めつけて読んでしまいました。

でも、私にとって本当にうれしいコメントでした。
私の娘も成長して悩んだとき、自分のことをよくわかった時にベビチッチさんのように、ネットで調べたり誰かとつながれるようになれたらいいな~と思いました。

正直言って、この先どうなるのか不安で学校でやっていけるのか?勉強はついていけるか、友達関係は?などなどまったく想像できないでいます。

またぜひよかったらコメントくださいね。
これからもまたよろしくお願いします♪
非公開コメント

プロフィール

nori

Author:nori
B型。1976年生まれ。
日常をぼちぼち綴っていましたが
最近は支援学級に通う娘の記録。
時々、高専に通う息子のおもしろネタ。

インテリア、ハンドメイドな日常は
ブログ「105号の部屋」へどうぞ!

Family
 きまぐれな航空エンジニアのパパ
 高専男子、青春真っ只中の息子。
 知的発達の遅れのある中学1年の娘。
 ちなみに全員B型…。
 

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
シンプルアーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。