QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿修羅展。

昨日、阿修羅展に行ってきました236

テレビや新聞などで話題になっていたので、一度は見たいと思い朝早くから出かけました。

すると、10時前にはついたのにすでに60分待ち203

混んでいるとは聞いていたものの、GWも終わり、平日なのに282

とりあえず列に並ぶと、やはり年配の方が多く、博物館側では日傘やお水のサービス。

ところどころ木陰には椅子が用意されていました。

並んでから30分ぐらいたったころ、あまりの人の多さと、日差しにクラクラ282

そういえば、朝6時にご飯をひと口食べただけだった203

なんだか具合が悪くなり、でも列から抜けられず、まだ30代前半だというのに、元気な年配の方々を差し置いて椅子に座るのもカッコ悪く・・・・・。

とりあえず、日傘をもらい頑張って待ちました278

やっと館内に入ると、人・人・人203

でも、阿修羅様に会うまでは絶対に帰るものか!!と頑張って順路どおりに進みます278

でも、あまりの人の多さと、空腹にフラフラ・・・・。

途中、椅子を捜しては座り、またちょっと進み、でもガラスケースの展示物は人の壁でほぼ見えず・・・。

12時近く、それでもやっと阿修羅様にたどり着いたときは「やったー!」と思ったのですが・・・。

阿修羅様は露出展示。興福寺にいるときとは違い360度見渡せ、そのどのお顔にも正面から眺められるというのが今回の最大の売りなのです。

しかしなんということでしょう!!!!

その阿修羅様を囲みものすごい群衆が柵の周りを牛歩しているではありませんか!!!

係員は「止まらずに時計回りでお進みください!止まらずに!止まらずに!」と大声をあげて人を押しながら回しているのです。

そんな人ゴミの中で私は具合が悪い状態がピークに・・・・。もう立ってられず椅子を探します。

「あー阿修羅様お助けください!」という感じ。

やっと椅子を見つけ座ることができました。

でもマスコミに取り上げられミーハーな気持ちできてしまった自分を反省。

確かに、確かに阿修羅様のお顔はなんとも言えず、見られてよかったと思いますが、空いている時ならまだしも、あんな状態で見るのはどうなのかと・・・・。

横の顔を正面から見られなくても、仏像は本来あるべきところであるべき姿で見るのが本当なのかなと。

近くで見ようと前へ前へと押し寄せる群衆、大声を上げる係員、それを3つのお顔で静かに見ている阿修羅様。

こんな変な光景は2度と見ることはないだろうと・・・・。

その後、少し座って休んでから東京国立博物館本館を見学。

先ほどの群衆は嘘のように消え(みな阿修羅展だけ見て帰っているようでした)静かな空間でした。

コツコツと私の靴音だけが響き、整然と並べられている美術品。

何年も前の建物とは思えないほど手入れの行き届いているステンドグラス、床の素晴らしい木目、壁の装飾タイル・・・・。

本館の美術品、建物の作り、その荘厳な雰囲気に感動し、たまにはこういうところにくるのもいいなーと思いながら帰途につきました。

阿修羅様の周りの群衆には驚かされましたが、小さい頃から20歳を過ぎるまで函館で暮らしていた私にとって、こうやって思い立って東京の博物館に行くことができるのはうれしいもの。

何事も経験していることとしていないのでは、経験しているほうが強いのですから。

子供たちにも、そして私自身も、「疲れた」「お金がない」「時間がない」などなどいろんなことを理由にしないでもっと機会をみつけ、日常から飛び出して違う世界に目を向けるのもいいなーと思った1日でした236

非公開コメント

プロフィール

nori

Author:nori
B型。1976年生まれ。
日常をぼちぼち綴っていましたが
最近は支援学級に通う娘の記録。
時々、高専に通う息子のおもしろネタ。

インテリア、ハンドメイドな日常は
ブログ「105号の部屋」へどうぞ!

Family
 きまぐれな航空エンジニアのパパ
 高専男子、青春真っ只中の息子。
 知的発達の遅れのある中学1年の娘。
 ちなみに全員B型…。
 

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
シンプルアーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。