QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘の応援歌。

前回の卒業ソングに続き、歌についてもう一つ。

発達障害のグレーゾーンにいる娘は同じ年代の子どもたちより半年から1年ぐらい遅れていると言われています。

1年生になり、同級生と一緒に生活する中、出来ないことにどう向かっていくのか?

体育の平均台、縄跳び、算数の計算、生活のあやとり、細かいことでいえば名札つけ、飲み終わった牛乳パックの折りたたみ、さらには箸は使えるのか????トイレは一人で行けるのか?

同級生の反応はどうなんだろう?

娘本人は諦めてしまったり、嫌になったりしないのか?

1年生の最初のころはいろんな心配をしました。

 

先日、算数の計算練習を家でやっていた時のこと。

「ここ間違っているから直そうね。」というと

「あきらめないで、どんなときも」と歌いながら直していたのです。

どっかで聞いたことがあるな~と思って考えてみると日産セレナのCMソングでした。

サンボマスターの「できっこないをやらなくちゃ

アップテンポな曲でリズムに乗って明るく前向きな気持ちになります。

なぜそんな歌を口ずさんでいるのか娘に聞いてみると・・・。

 

友達が休み時間にタイヤ飛びや平均台をワンポイントレッスンとして教えてくれるんだとか。

その時の応援歌がこの曲。

まさにぴったり!

CMでも女の子が泣きながら岩登りをしていて、まさに頑張っているその時に

「あきらめないで、どんなときも!」と歌が入っているので娘が頑張っている様子とぴったり重なっていたのでしょう。

それから、この曲は娘の応援歌!

自分で口ずさんでいます。

なんとけなげなんでしょう。

私もこの歌が気になり、サビの部分だけでなく全部聞いてみると

「どんなに打ちのめされたって悲しみに心をまかせちゃだめだよ」と始まり、結構衝撃!

「心を少しでも不安にさせちゃダメさ」という歌詞も。

 

悲しいとき、わりとどっぷりと悲しい曲を聞いて涙を流してスッキリするなんてこともありますが、久しぶりに元気の出る歌に励まされました!

そんな歌を自然と歌ってくれるお友達。自然と娘をサポートしてくれるクラス。

来週で1年生も終わりです。

1年の最後にクラスのお友達から素敵な応援歌!

家族の応援歌となりそうです♪

パパにも息子にも、そして自分にも歌ってみようかな

 

非公開コメント

プロフィール

nori

Author:nori
B型。1976年生まれ。
日常をぼちぼち綴っていましたが
最近は支援学級に通う娘の記録。
時々、高専に通う息子のおもしろネタ。

インテリア、ハンドメイドな日常は
ブログ「105号の部屋」へどうぞ!

Family
 きまぐれな航空エンジニアのパパ
 高専男子、青春真っ只中の息子。
 知的発達の遅れのある中学1年の娘。
 ちなみに全員B型…。
 

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
シンプルアーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。