QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発達障害のグレーゾーン。わからないことばかり・・・。

だんだんと寒くなり、あっという間に11月。
昨日の夜、北海道での雪景色をのニュースをみて、なんだかクリスマスやお正月や冬休みが近づいてきているのだと実感しました。

お正月といえば、

「もういくつ寝ると、お正月♪」といういうように待ち遠しくてしかたがないものだったはずなのに・・・・。

やはり、毎日のなかで考えてしまうのがグレーゾーンの娘のこと。年が明ければ、あっという間に進級が待っています。

10月の学校の面談ではこのまま、学校の仲間に認められながら担任と連携をとって生活していくと話し合ったものの、現実には分からない事だらけ・・・・。


いつも学校から帰ってくる娘は、同じことを繰り返します。
ガチャっと扉を開け
「ただいま!ねえ、なんでネコちゃんがこっちをみてたの?」と必ず動物の質問。
ここの質問は必ずその日の帰り道で見た動物のことです。
犬がこっちを見てたのはなぜ?カラスが寄ってきたのはなぜ?など、必ず動物のこと。

こだわりの一つで毎日繰り返されるこの質問は特に答えは必要ではなく、
「なんでだろうね。」とか「きっと気になってたから見られたんだよ。」などと私が答えると安心するようです。

そんな、毎日同じ質問をする娘が昨日は泣いて帰ってきました。

聞いても聞いてもどうしてかわかりません。説明できないんです。分かったことは、友達に押されたことだけ。
自分自身の気持ちがもたないので、聞くのをやめました。そして、暖かくておいしいおやつタイムにしました。

するとニコニコになります。

子どもだったら泣いて帰ってくることもあるはず。きっとこんなこと皆あるんだろうなって思うけれど、やっぱり母親として何があったかわからないのは気持ちが落ち込みます。

でもそんなことでは落ち込んでいられないし・・・・。

気を取り直して!といつも通り宿題などをやり、いつも通り晩御飯の支度をしていると担任の先生から電話です。

連絡ノートでやり取りをしているのですが、先生も忙しく、何か書ききれない出来事があると電話をして頂くようにお願いしています。

昨日は、なんだか考えさせられる内容の電話・・・。

給食当番だった娘。
給食を食べ終わっても片づけの仕事をしなかった

みると、連絡帳を書いていた

友達が気付いて声をかけた

3人ぐらいの友達が娘を囲んで注意した

全然注意を聞かなかった。顔も上げずに無視している

先生が説得して、一緒に片づけをしている友達と合流して「ごめんなさい」を言わせて、その後は一緒に片づけをしてニコニコしていた

そんなお話でした。
よく聞くと連絡帳はいつも帰りに書いているのが昨日は、時間の都合で給食を食べ終わったら連絡帳を書きましょうという指示を出したそう。

私はすぐにわかりました。

臨機応変が出来ないんです。
娘の発達障害の特徴なんです。基本的に同じことを繰り返すのは得意ですが、突発的に変わったことには対応は難しいんです。

給食を食べた後、連絡帳を書く。言われたことをやりました。だけど友達が寄ってきて何か言っている???


「ごめんなさい」と言わされた娘はどんな気持ちだったのでしょうか?

給食当番をすっかり忘れていた、今度は忘れないように気をつける

忘れてしまったことを反省する。次は気をつける。次はきちんと出来た。
こんな風に出来たら「自分もやればできる!」ということがわかり、失敗しながらも成長していく。

が、娘の持って生まれた特徴は生涯消えないんです。
発達相談に通っていた時、はっきりと言われました。
「この特徴は努力して治るものではないし、親御さんのせいではもちろんないし、消えてなくなるものではないんです。」と。

どんな特徴があるかを認識して、必要なサポートをする。
娘にはそれが必要なんです。

たぶん、学校の先生はどんな特徴があるのか、認識中なのでしょうね。
ひとつひとつ、確認している途中。
そんな状況であと数カ月。そして3年生になりクラスが変わり、先生が変わり・・・・。

先生が、皆に指示を出した後、娘に一言「給食当番の片づけをしてから、連絡帳を書いてね。」と言ってくれたらどうだったでしょう。黒板に順番を書いてくれたらどうだったでしょう。

今日は、これから町探検の授業に付き添います。
先週の事前授業も参観しましたが、いつものクラスではなく5クラス混ざっての授業。
娘に対して、全くサポートのない体制。
そして、はじめて見た娘の全くやる気のない、どこか別の世界にいっている姿。

今日はどんな様子がしっかりと見て、また学校と相談できることは相談し、もう少し前に進みたいと思います。
あっという間に3年生になる前に。

非公開コメント

プロフィール

nori

Author:nori
B型。1976年生まれ。
日常をぼちぼち綴っていましたが
最近は支援学級に通う娘の記録。
時々、高専に通う息子のおもしろネタ。

インテリア、ハンドメイドな日常は
ブログ「105号の部屋」へどうぞ!

Family
 きまぐれな航空エンジニアのパパ
 高専男子、青春真っ只中の息子。
 知的発達の遅れのある中学1年の娘。
 ちなみに全員B型…。
 

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
シンプルアーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。