QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人っぽく。

娘が急に大人っぽい言葉を口にするようになってきました。

現在小学5年生の娘。

小さいころから発達の遅れがあり、いつも丁寧に、きちんとした言葉でゆっくりと娘に接してきました。

ひとつひとつ説明する言葉にも気を使いながら・・・。

「それとって。」という普通の言葉も

「ソファーの上にある、茶色いブランケット取ってもらえる?」というように、いつも丁寧に!

そして、いつも言葉を理解しているのかが、ついつい気になり、同じことを繰り返して言ったりします。

そんな丁寧に接してきた娘が最近、私から離れていくように、大人になりたがっているように、いろんなことを言うんです。

同じことを繰り返し言ったときは

「さっきも、聞いたでしょ、何度も言わないで!」とか

ちょっとでも、赤ちゃんっぽい言葉でもいれようものなら
「お母さん、甘えないで!」と。

嬉しくもあり、さみしくもあり・・・・。

大人っぽいことにもあこがれるようになりました。
「コーヒーを飲んでみたいな。」

髪の毛をおろして、
「こうやったら、小顔にみえるかな?」


自分の指を見ながら
「結婚する時はもっと細い指にならないと・・・。」
などなど・・・・。

極めつけは「大人の女の人」という言葉をストレートに「大人女」と言います。おとなおんな!
「大人女は健康に気を付けてるよね~。」とか言います。

「大人女」って・・・・。
多分、美容と健康に気を付けて、おしゃれをしてる若い女の人の事を言ってるんだと思います(^_^;)


不安もありますが、ひとつひとつの言葉が新鮮で、成長を感じ、楽しい時期です。

これが、思春期の始まりなのでしょうか?

先日、授業参観に行ってみると、いつも必ず髪の毛を後ろで一本結びをしている娘が、髪の毛を下して少しだけ横の髪を後ろに束ねていたんです。

びっくりしました。

実は髪の毛にも、ものすごいこだわりがあって、最初は一人で結べず、私が必ず結んであげていました。
私以外の人が髪の毛を触るのは絶対いや!
そんな時期が長く続き、やっと小学校3年生の宿泊研修のために、一人で結ぶ練習をしてできるように!
その後は、一人でできるようになったので、自分以外の人に髪の毛を触られるのを嫌がりました。
絶対一人で一本結び。
しかも決まった櫛で、少しもボコボコができないように、何度も納得がいくまでやり続けるんです。
気に入らないときなんか、洗面所から櫛とゴムが飛んでくる毎日。

そんな状態から、最近は友達が「髪の毛おろしてた方がかわいいね。」と娘をかわいくする計画をしているようで・・・。

授業参観が終わると、友達が娘を私の前に連れてきて「かわいくなったでしょ。」と自慢げに見せに来てくれたんです。

本人は照れ臭い様子ですが、嫌がることもなく、帰ってからもずっとその髪型で過ごしていました。

周りに影響されながら、一歩一歩大人になっていくのでしょうか?

これからどんな「おとなおんな」になっていくのか?
娘の理想像の「おとなおんな」になれるように、私も一緒に美容と健康に気を付けて、一緒に成長していきたいと思います♪



非公開コメント

プロフィール

nori

Author:nori
B型。1976年生まれ。
日常をぼちぼち綴っていましたが
最近は支援学級に通う娘の記録。
時々、高専に通う息子のおもしろネタ。

インテリア、ハンドメイドな日常は
ブログ「105号の部屋」へどうぞ!

Family
 きまぐれな航空エンジニアのパパ
 高専男子、青春真っ只中の息子。
 知的発達の遅れのある中学1年の娘。
 ちなみに全員B型…。
 

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
シンプルアーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。