QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思春期って。

いよいよ、2014年4月、新しい学期がスタートしました。

子ども達も一つ学年が上がり、息子は中学3年生、娘は小学6年生になりました。

ちょうど3歳差なので、今年1年頑張って、中学卒業、小学校卒業になります。

子ども達もずいぶん大きくなり、小さな時とは違った悩みも増えました。

娘はいつもこちらのブログに綴っているように、のんびりマイペース、軽度発達障害で一歩一歩進んでいくので、自分の中でいろんな気持ちを処理しながら、子育て奮闘中。

今日は久しぶりに息子の事を綴りたいと思います。

中学校に入ってから絵にかいたような、思春期に突入。
以前、有名な方の講演会で「思春期は第二の産みの苦しみ」と聞いたことがあります。

まさに、その通りでした。

介入してはいけない。大人になる段階を見守っていなければ・・・。

というのは良くわかってます。

しかし、言わずにいていいのでしょうか?

これはお母さんの気持ちだよ。と付け加えながら、うっとうしがられても、我が家のルールや母親の想いは伝えてきました。
確かに、必要以上に、感情のままに言うのは良くないと思いますが、必要な事を、大事にし行きたい思いやルール、行動を伝えることは大事だと思っています。

「誰が決めたルールなんだよ。」
「世の中、政治家がみな悪い」
「学校なんかくそ」
「どうでもいい」
「お母さんだけ言いたい放題言いやがって」
「べつに・・・」
「お母さんばかり正しいのか!」
「身勝手なのは親だ!」
「俺の気持ちがわかるか!」
「俺に期待しすぎ・・・」
「なんで信じてくれないんだ!」
「将来に希望はない」
「勉強はしたくない」

もう、信じられないくらいやり合いました。
その中で、本当にお互いが苦しい時もありましたが、今は3年目に突入して、だいぶ分かり合えていると思っています。

勉強の事、進路の事、お金の事、友達づきあいの事、細かい家のルール、全部気持ちは伝えてきました。

そして、私の生きてきた道も正直に言いました。
勉強をしてこなかった事、学校をさぼった事、悪さしたことも隠さずに正直に話しています。
そのうえで、あなたにはこうなって欲しいって伝えています。

今はうっとうしいお母さんでもいいんです。
喧嘩してもいいんです。

世の中、そんな自分の思い通りになることなんてないと思うし、腹立つことだってたくさん、理不尽な事だってたくさんあります。
そういうことに今気づいて、イライラしたり、いろんな気持ちと戦って、成長してくれることと思います。

中学2年の間、息子とやり合いすぎて、私は参観日も行かず、保護者会も、合唱コンクールも行かず、目をそらしていた部分がありました。
部屋にこもって一日中出てこない息子、大声を出して物を投げる息子に不安を感じていました。

些細な事に親子ともども、一喜一憂していました。
学校生活でも、校外学習におやつを持ってはいけないのに持っていき先生に呼び出されたり、選択制の給食なんですが、申し込んでいない方の給食を勝手に食べたり、テストの計画表がテストが終わった後に白紙だということがわかったり・・・・・。

一つ一つのエピソードを「こんな武勇伝があってね・・・」なんて笑いごとでは済ませない気持ちになっていました。


将来はニートか?
部屋から一歩も出てこなかったら?
暴力息子になったら?

もう頭の中がぐるぐるでした。


その気持ちが少し払拭したのは、中学2年生の最後の日です。
先生が作ってくれた、ファイルです。
表が合唱祭のクラス集合写真。裏がクラスメイトからの「いいところ」の一言。

黒板の前に集合した子ども達。息子はニッコニコの笑顔で友達と肩を組んでいました。
私が最近見たこともないニコニコ顔。
裏に書いてあったのは・・・・。
「明るい」「楽しい」「自分の意見をはっきり持っている」という言葉で埋め尽くされていました。

今まで喧嘩の毎日で「うっせー」「バカ」時には「死んでやる」なんて勢いで言っていた息子が、「明るく楽しく」学校生活を送っていることがクラスメイトに評価されているんです。

見たとたんに、涙がほろり。

明るく、楽しく、自分の意見を持って生活している。

これ以上の事はありません。


これからまだまだ、いろんなことがあるかもしれません。
きっとあると思います。

たぶん、中1、中2と乗り越えてきたので、中3も覚悟して乗り越えていきたいと思います。

今でも心の中から消えない言葉。

娘が軽度発達障害で、そっちにかかりっきりだから、息子が破天荒になっているじゃないかって・・・・・。
そんな言葉が頭から、心から離れません。

完璧な子育てなんてありません。
だって、正解なんてないんですから・・・・。

私は自分の思った通りに一生懸命子育てしているだけ!

今年度もいろんな事を参考にしながら、愛情を持って精一杯、我が道を進んでいきたいと思います。

中学最後に、親子で笑っていられるように!





ほんともう、元気に生きててくれさえいればそれでいい、って思うよね。
我が家も先日、久しぶりにでっかいカミナリが落ちました!(^^)

Re: タイトルなし

かりんちゃん、これからもきっといろんな事あるね~。
雷の後は、涙が出て、虹が出たかな?
たぶん、大人になった時、「お母さんがこんな事言ってた。」とか少しでも感じてくれれば、それでいいね。
親も子も、真剣に向き合ってるからこそ、ぶつかり合うんだね。きっと!
非公開コメント

プロフィール

nori

Author:nori
B型。1976年生まれ。
日常をぼちぼち綴っていましたが
最近は支援学級に通う娘の記録。
時々、高専に通う息子のおもしろネタ。

インテリア、ハンドメイドな日常は
ブログ「105号の部屋」へどうぞ!

Family
 きまぐれな航空エンジニアのパパ
 高専男子、青春真っ只中の息子。
 知的発達の遅れのある中学1年の娘。
 ちなみに全員B型…。
 

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
シンプルアーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。