QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽度発達障害、進路の問題。

皆さん、こんにちは。

1か月にいや、数カ月に一度のこのブログに、匙を投げることなく、ご覧いただいているみなさん、ありがとうございます。

前回のブログに書いたように、しばらく、いろんなことがありすぎて落ち込んでいたのですが、少しずつ回復しております。

前回のアップ後、すぐにメールをくれたお友達やファックスを送ってくれた母、いつも相談に乗ってくれる友人・・・。

感謝してます。

今から十五年前、息子が生まれたとき離れた両親、そして旦那の両親に子ども達の事を伝えたくて、「ファミリーニース」という写真入りのお手紙を作っていました。

子育てって、その時は大変だけど、過ぎてしまえば一個一個の細かい出来事は忘れてしまうもの・・・。

今も手元に残っている「ファミリーニュース」は子育ての記録として大切なものになっています。

娘が生まれてから、違和感を感じ、本当に「死んでしまった方が楽」と思うほど追いつめられていた時期も。

その時期を何とか乗り越えて、始めたブログ。

家族の記録、そして娘の発達の記録として、大切なものになっています。

今現在、娘は軽度発達障害?広汎性発達障害?LD(学習障害)?いろんなことが疑われ、グレーゾーンにいます。

春になったら中学生になります。

今はみんなと同じクラスで、みんなと一緒に学んでいますが、中学校は支援級に行くかどうか迷っています。

夏休み後、療育手帳の申請もしてきました。(まだ結果は出ていません。)

いろんなことがあって、心を閉ざしつつあった、ここ数カ月・・・・。

でも説明し続けることが大事、周りの人とコミュニケーションすることが大事と教えてくれた友人たち。

まさにその通りです。


そして娘の事を周囲に説明するには、まず私が現状を受け入れなければいけないんです。
これが、難しい。
どんな状態か、日々変わるからです。
本当に「できないのか?」それとも「やらないのか?」が母親でさえ判断が難しい。

少し前に話題になった「佐村河内氏」の聞こえているか?聞こえていないか?の問題。
あの時期、テレビを見ては毎日泣いていました。というか涙が出てしまうんです。

理解されたない、現実。
また、障害の事を上手に説明できなかった場合、誤解を生んで関係がこじれることもあります。

私も、友人に説明する時、学校での教育相談の時、この人はどのくらい障害についてわかっているのか?判断しながら言葉を選びながら説明します。家族に説明する時でさえ、言葉を選びながら悩みや、その日の出来事などを説明するんです。


周囲の言葉に一喜一憂してはいけないことはわかっています。悪気があって言っているのではない事もわかっています。

でも、やはり落ち込むことも多いです。

発達障害の事があまりにも世の中に知られていなさすぎるから。

しかも、グレーゾーンなんて、本当に知られていないんです。

通常学級に6%はいるという、サポートが必要な子。

どこかへ走って行っちゃったり、騒いだりする子は先生にとって「何とかしないといけない」対象となりますが、うちの娘のように「おとなしい子」は対象外です。

でも人とのコミュニケーションがかみ合わず、算数の概念がなく、指で数える事しかできない状態では、たとえテストが数点でも「何とかしよう」の対象にはならないのです。

最近はやっと「校内委員会」というものが立ち上がっています。
サポートが必要な子をどのようにサポートするべきかを話し合う会議。

うちの娘も担任の先生から「先日、校内委員会で話し合いを行いをしました。」って言われました。

少しずつ、学校にも変化があるのは嬉しいことです。

が、その会議に呼ばれたかった。どうして娘の事が話し合われているのに、保護者がそのことを知らないんなんて。
どういうサポートが必要なのか?一緒に考えたかった。

結局、学校側は「校内委員会」を開いたという事実で満足しているのではないかと疑いたくなるような、日々のサポート。

そのサポートにはどういう意味があるのか?また、どのような見通しを持って、家ではどう対応していくのか?知りたかったんです。

なんだかあまりかみ合っていない、学校と我が家。

発達支援用にプリントを用意します。と言われたのが7月。

すぐにでもその週にでも用意するのかと思って待っていても、用意されず、夏休みが来てしまい、夏休みが明け、それでもまだ準備されない現実。10月になってやっと用意された支援用のプリント。

こんな現実を打ち砕こうと、特別支援コーディネーターの先生に、今まで足を運んだ発達関係の講演会資料や発達に関する本などをまとめて、「よかったら、参考にしてみてください。」と渡したところ・・・・。
間髪入れずに、「お母さんのお手元に置いておいてください、必要だったら中学校の先生にどうぞ。」って返されました。

ビックリしました。

そんな先生方と一緒に、これから進路を決めなければなりません。

中学生になるといろいろな問題が起こります。

でも諦めてはいいけないと、周りの友人が教えてくれました。

家族もいろいろありますが、支えてくれます。

ひとつひとつ問題を解決して、私もたくさん勉強して、私もコミュニケーション術を学んで、どんどん進んでいかなければなりません。

まだまだ、ずっと壁はあります。どこへ行っても。

少しずつ、壁をたたいたり、穴をあけたり、砕いたり、たまには横から回ってみたり・・・・。
いろいろ試しながら進んでいきたいと思います♪

非公開コメント

プロフィール

nori

Author:nori
B型。1976年生まれ。
日常をぼちぼち綴っていましたが
最近は支援学級に通う娘の記録。
時々、高専に通う息子のおもしろネタ。

インテリア、ハンドメイドな日常は
ブログ「105号の部屋」へどうぞ!

Family
 きまぐれな航空エンジニアのパパ
 高専男子、青春真っ只中の息子。
 知的発達の遅れのある中学1年の娘。
 ちなみに全員B型…。
 

リンク
カテゴリー
最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
シンプルアーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。